心と体

エムグラム診断

流行のエムグラム診断をやってみた。 変な自分語りより、この結果を晒す方がよほど自己紹介になるかもしれない。これは違うだろという自己認識と齟齬のある項目がないので妥当かと。ただ本質的なパーソナリティというより、仕事をしているときの己のセルフイ…

振り向くな、振り向くな 後ろには夢がない

人は思考の80%くらいは、昨日と同じことを繰り返し考えてる。考えても考えても答えが出ない悩みは、考えないほうが解決する場合が多い。解決して欲しくないから解決方法を延々と考えているからにほかならないからだ。人間には、そういうところがある。 解…

精神疾患と認知の歪み

うつ病に罹患しやすい星の下に生まれたことが残念だ。精神疾患に縁のない人たちのよくある誤解は「認識の歪みが精神疾患の原因だ」という原因思考だ。これは断じて違う。精神を病むことで認知の歪みが大きくなるのは事実だが、それは病の症状だ。原因ではな…

しみじみレクサプロ

レクサプロを再開して10日で、重く霧が立ちこめた不快な心象風景が一掃されて視界が晴れ上がった。抑うつ状態に陥って1ヶ月苦しんだが、一番自分に合ったクスリでかんたんに寛解した。しみじみとこのクスリは良く効く。長らく再発しなかったので止めてみたが…

カラスのフィットネス

早いもので通い出して1ヶ月だ。週3日は行けている。ただ連日書いているように「抑うつモードのまっただ中」なので通うだけで精一杯だ。着替えてペダルを漕いで汗をかいた後、軽く筋トレしたらそこでガス欠になる。カラスの行水的なカラスのフィットネス(造…

Deep Blue

体調不良に強度の抑うつが重なった(-_-;通常なら午前中をやり過ごせば午後は楽になる。しかしこの数日、終日暗黒状態。覚醒中ずっと鬱々していると正気が保てない。保留にしていたレクサプロの服用を一昨日から再開。少しでも良いので楽になりたい。

物理的に動く動く

体調不良の辛さがメンタル不調の辛さを大きく凌駕するようになった。心と体は繋がっているので一方が悪くなると他方も加速して悪くなる。まだ数回ジムに通っただけだが、50分ほど漕いだり走ったり筋肉にウェイトで負荷をかけると、予想を遥かに超えて気分が…

眼精疲労と天皇賞

音楽を聴きながら読書をするかぎり、そこそこ幸せなのに・・・メンタルが生まれつき弱いので損ばかりしている。救いは音楽と読書だ。それなのに先週ぐらいから目の違和感ゆえに根を詰めて本を読めなくなってしまった。読むことに支障が出ると、思いのほかメ…

ラベルの言葉 因果の言葉

言葉は呪いである。悩みの全部とはいわないが半分以上は言葉があるゆえの苦しみだ。哲学者も宗教家もマインドフルネスの研究者も同じことを言っている。脳裏に不快感がよぎっても、それを言葉に変換しないかぎり悩みは形を持てない。単なる不快感として刹那…

因果の業

鬱の記憶は残らない - わかりました あきらめましょう。なぜメンタルヘルスに関する辛さを忘却しやすいのか考察した。 答えはすぐに出た。因果関係が不明だからだ。痛いこと怖いこと悔しいことには明確に原因がある。その原因を回避すれば同じネガティブな体…

ドツボ超然

土曜に鬱悪化、日曜日も死んでいた。今日も午前中の仕事を一通り終えるのにいつもの3倍精神力を蕩尽した。ここまでひどいのは3年ぶり、体力が衰えている分だけダメージがつよい。ドツボに陥ると疼痛がキツくなる。うぅどつぼ超然作者: 町田康出版社/メーカー…

鬱の記憶は残らない

痛かったこと、恐ろしかったこと、悔しかったことに関しては、実に執念深く覚えているのに、うつ病の辛さだけは思い出せない。自覚があるのに「喉元過ぎれば熱さを忘れる」に陥ってしまう。抑うつの辛さはどうやら「負の記憶を優先的に記憶する」という脳の…

クエチアピン

不眠に耐えかねて馴染みの医院に行った。不眠の妙なハイテンション状態で先生と薬談義をした。とりあえずベンゾジアゼピン系で効き目の強いロヒプノールと、ベンゾジアゼピン系断薬のための代替薬として鎮静効果のつよいクエチアピン(成分名を商品名とした…

ベンゾジアゼピン系依存による不眠

三日おきに不眠の夜が来ると精神の正常が保てない。ここまで不眠がひどいのは記憶にない。もっと体を動かして肉体に疲労を溜めないといけないのか。昨日、日々の運動量を増やさねばと書いたばかりなのに。思い当たる節はある。長年、服用しようとおもえばで…

結局足りないのは

コミュニケーションと運動 手垢がついた考え方だけれども、またしても常識がなにゆえ常識なのかが、やっと分かってきた。自分に足りないのはその二つだ。必須なのは親密さを競うようなコミュニケーションではない。事務的であっても相互敬意が根底にあれば十…

抗うつ剤の代替サプリメント

レクサプロを止めて二ヶ月 とりあえず闇オチしていない。よかったと心からおもう。大見得を切って自立支援の延長を断り、主治医にも卒業宣言をしてしまったのだから、すぐに「やっぱりダメでした、レクサプロ処方してください」という展開にならなくてよかっ…

不幸だから不健康なのではなく

精神の強さとか弱さというのは当を得ない言い方だ。 それが実は肉体の諸器官の状態の良し悪しに過ぎないからである。 この因果関係がひっくり返りやすいのが理性の大きな欠点だ。不快と不幸を等式で結ぶ愚かさに気づけない。不快なのは健康状態が悪いからだ…

腰部打撲から一年

腰を痛打して一年経った。 lex.hateblo.jp 昨年の2月1日の投稿だ。怪我をした当日はブログどころではなかった。当時ブログ等を遡ると怪我をしてからの一ヶ月がとても辛かったことが思い出される。幸い座って仕事をすることができたので収入面での影響は生じ…

テンションが上がりすぎて不眠・不安なとき効くクスリ

原点回帰でメンヘラー的な向精神薬のお話しです。現在の私のように日常とは違うモードで日々を過ごしているとき、脳が妙に興奮して寝付きが悪くなったり、脳の興奮状態にともなう不安増大を沈めるために愛用しているクスリがあります。デパケン*1です。広い…

ゆるゆる働き続けることが楽

D.カーネギー先生の名言 それにしても、なぜ「忙しくする」程度の単純なことで、不安を追い出すことができてしまうのだろう? その答えは、心理学がひもといたもっとも根本的ともいえる法則の中にある。その法則とは「どんなに優れた知能を持つ人間でも、一…

鎮痛剤依存症かもしれない

例年休暇初日は体調が悪くなる。今年は更に酷い。休み返上でテキストを量産しないといけないのに着手できない。メンタル面での問題よりも体調不良がそれを阻害している。営業活動は休業だから顧客からの問い合わせはない。ゆえに気が緩んで常飲している鎮痛…

ストロングゼロとお仕事と

togetter.comこういうのに影響されやすいので早速ダイエーで6缶ほど買った。葡萄味が美味しいとのことで6つの内4つは葡萄で。本当に呑みやすいのにストンと酔える。これはドラッグ的な効き方という人がいるのもよく分かる。他の味は知らないけれど葡萄味は美…

風邪

これだけ日々たくさん寝て、おのれを甘やかした生活をしているのにも関わらず風邪をひいてしまった。発熱に至るひどい風邪は15年以上縁がない。しかし頭が痛く鼻水が出て悪寒がするのは、まごうことなく風邪だ。サイトのリニューアルに関する諸作業は11月中…

さよならメンヘラー

自律支援制度を延長しなかった。レクサプロでうつ病が寛解して3年、そろそろ医療と距離を置くべきだと考えた。異常に寝つきがよくなったので睡眠薬が必要ない。強い不安を感じることはある。しかし薬が必須というレベルではない。なによりもうつ病が軽くなっ…

肉体の速度に合わせる

ここ数年で得た智慧でいちばん役に立ったのが「人は結局、肉体を通して世界にアクセスした分だけしか、取り分を得られない」ということだ。脳内では様々な雑念混じりの思考と思考以前のモヤモヤが常に高速で処理されている。そういった脳内の怒濤の思考に翻…

心の重心を落とす

すべてが混乱している。あらゆる文字情報がゲシュタルト崩壊しそうな恐怖。文字に付随する視覚と聴覚の情報も危うい。不穏で不安定な気持ちが続いている。フワフワと焦点の定まらない脳内と、全身が発する鈍い疼痛を伴った不快感。これが現在の私だ。とくに…

気鬱と疼痛は似たようなものだ

午前4時に早朝覚醒。睡眠後は全身が鈍い疼痛に覆われている。今日はそれがあまりにも辛かったので頓服で手持ちの鎮痛剤のなかで一番強いのを服用して再度眠った。定刻に起床、気分爽快。秋空も気持ちよい。体も軽やか。今日はよい日だと感じた。しかし、思い…

自責云々

自責は精神的リストカットなんですよ。痛みが伴うから、 生きている実感が得られる上に、思考停止の良い言い訳になる、 中毒性の高い愚行です。 ひどい自責はうつ病の主症状の一つだ。うつ病と境界性パーソナリティ障害(ボーダー)は似て非なる心の病だが、…

糖質と健康

食事は炭水化物をあまり多く取りすぎず、激しい運動をあまり行わず、 しっかり寝て身体にストレスをあまり与えないような生活をするのが、いまのところの長寿最適解である。 http://blog.tinect.jp/?p=42446長寿は望まないが、生きている間の肉体由来の苦痛…

腰部強打撲の影響

今年の1月末日に腰部を強打撲した。人生で被った怪我の中では一番ひどい部類に入る。これに匹敵する怪我は高校生の時、脛を14針縫う怪我ぐらいだろうか。半年が経過して未だに腹筋運動がままならないのと、姿勢を崩すとすぐに腰痛が生じるという後遺症が残っ…