ひとりごと

ビジネスも体調も芳しくないが

その二つがダメならダメだろといわれそうだ。それでもそれ以外は充実している。充実した読書、加速度的に上がる動画作成スキル等々、昨日より今日の方が進んでいるという実感が私の自我を支えている。ビジネスに関してはワクチン接種がはじまる3月以降までは…

2021の大衆音楽

音楽ジャーナリスト、YOASOBIについて「このビートの単調さと音色・音圧のショボさが世間で許容されてるのはちょっと信じたがたい」 - Togetter 「プリセット・低音圧」批判とかいう「今時Flash使ってないサイトとかw」的議論 今の大衆音楽というか見えてい…

体調不良

体調悪化中。ささやかな量の仕事しかないので、あとは横になって天井を見つめている。ネットザッピングすら気力がない。持病である背中の疼痛がキツくなり、風邪の初期症状のような全身の筋肉痛や倦怠感で辛い。前向きに準備していた諸々が滞るのが一番嫌だ…

I Me Mine

ジョージのこの曲は自己批判も含まれているのだろうが、一般的には自己主張ばかりしているポールとジョンに当てつけて作った曲とされている。 そういえばジョンの曲にも「自分の誕生日の告知には熱心だが、隣人を祝うことを忘れている」みたいな曲があった。…

”つまらない”とは

某書によると「自己存在の維持に関わる諸々に飽きること=つまらない」ということらしい。自己存在の意味づけ(アイデンティティ)が他者との関連性にあると、人生は充実し、個人の内部で循環する自我だけに自己同一性を託してしまうと、自分にうんざりして…

問題が解決しない理由

一つの悩みを死ぬまで解決できずに墓場に持っていく人、片っ端から問題を片付けてドンドンの進んでいく人の違いはどこにあるのか。それは問題解決に一本の道しか知らないか、二本の道を知っているかで分かれるらしい。この表は名著「問題解決大全」の冒頭に…

西宮神社十日えびす2021

参拝客は昨年の三割程度。参道に露店がないので皆さんそそくさと参拝して直帰しているようだ。自粛して参拝を見送った人と、こんなときだからこそ神頼みをした人、えべっさんはどちらに福をもたらすのだろうか?youtu.be

決意や気力に頼っていては何もできない

「決意を新たにすることぐらい簡単なことはない」よくいわれる箴言だ。決意なんてすればするほど価値が下がる。価値が下がるどころか実行できない決意はマイナスの作用を精神に及ぼす。下手に決意を新たにするぐらいなら何も考えない方がマシだ。決めたこと…

節約ゲーム

年が明けて節約モードに突入。単に出費を切り詰めるだけだと、単に貧乏くさいだけだ。しかしゲーム感覚でやれば結構楽しい。私だけでなく節約をゲーム感覚で楽しんでいる人って結構いる。個人ブログでも「創造的節約」ともいえるカテゴリがある。私も仲間に…

新年雑記

このご時世、飢えまでいかずとも、カロリー摂取以外に食に目的がない人、安心して寝られる場所の確保に苦労している人、子供の学費の捻出ができない人たちの絶対数が大幅に増えている。住む場所はなんとかなっても「稼ぐ場所」である店舗を維持できないとい…

新年近所散策

市街地に行くのも面倒なので、スマホ片手に音楽を聴きながら自宅周辺を彷徨いた。寒波も一段落し、割と暖かい。 郊外ベッドダウンの1月4日(月)15時過ぎ、異様な静寂が不気味だ。生気を失った街は老いを嘆いているようにもみえる。 築30年から35年ぐらいの物…

2021の計

昨年のブログと例えば4年前ブログを比較すると、病んだ空気が減っている。何度もうつ病をこじらせて逃げるように職を辞することを繰り返した過去から、やっと自由になれた。10年間自宅で鬱々と働いていただけではない。「混濁した心の暗闇」と「客体としての…

2020年をざっと

ディストピア感溢れる一年だった。コロナが主因だと思うけれど収入が大幅に減った。初夏にサイトのバージョンアップをおこった。これをやらなかったらさらに収入が落ちていた可能性もある。全体的に外部要因に責任転嫁して自助努力を怠りがちだった。来年は…

冬期休業・休み中にやること

仕事納め。受注ゼロかと思えば多少なりともあったのは嬉しい。とはいえ12月の数字は集計したくないな・・・ 冬期休業は動画作成スキル強化月間 ボイスロイドと連動してキャラが動く動画作成ソフトの学習を開始する。Premiere Proと比べたら実に分かりやすい…

怒らないこと

人生で得た処世術の最たるものは「怒りは何も生み出さず、人生を蝕むだけ」ということだ。そして怒りを顕わにすることに躊躇いがない人には近づかないこと。これを心がければ人生は大分楽になる。もう10年早く気づけばよかったけど、死ぬまで気づかないより…

2020師走の溜息

阪神大震災・リーマンショック・東日本大震災も甚大な社会的混乱を引きおこしたとはいえ、被害のピークは発生から数ヶ月にとどまった。逆に惨事への対処から経済の反発力で逆に需要が増えたりもした。今回のパンデミックは既に日本においても諸事に影響が出…

ドラゴンクエスト11を始める

やっとPC版がリリースされたので昨夜から始めた。オンラインのドラクエ10は2年半楽しんだけど、それ以来だ。10よりも画像がかなり綺麗。音声付きだが違和感がない。ヒロインの声がいい感じなのも嬉しい。主人公が喋らないところでドラクエらしさを担保してい…

意思の力で光をたぐり寄せる

ヒトを「人間」と書くのは蓋し哲学的であって「間」つまり他者との距離感こそヒトを人間にしている。健康状態を前提とすると、幸不幸は他者との関係によるのであって、人間関係が良好、あるいはポジティブな感情を注げる対象があれば「幸せ」である。一方、…

師走金曜日

バイオリズムの底は昨日だったようだ。今日は気力体力ともに復活しつつある。これだけコロナの影響が強いと、身をすくめて時が過ぎ去るのを待つしかない。下手にプッシュ営業なんかすると反発を買ってしまうだけだ。今日は刷り上がった年賀状に一言二言書き…

冬眠先生

火鉢ぐらいしか暖をとる方法がなかった戦後からしばらく、昭和の文士には冬は仕事をしない一群がいた。尾崎一雄は「冬眠先生」を自称して12月から3月まで、ひたすら怠惰に過ごした。名声があるから無理をする必要がないというのもあるだろうが、気温が低いと…

危機スイッチが入らない

今週に入って受注が少ない。例年12月は細々とした仕事が多い月。あからさまにコロナ第三波の影響だ。原因が外部にあると危機スイッチが入らない。己の怠惰が原因なら危機スイッチが入ると自分で感心するぐらいリカバリーのための各種行動が捗る。なまじ言い…

就業前のお掃除タイムの効能

今の職業に落ち着くまでは汚部屋の住人だった。この5,6年は比較的片付いた環境で生活をしている。それでも時々エントロピーが崩壊して汚くなることもあった。誰かのTwitterの呟きで「仕事前の5分の片付け習慣は週一回一時間の掃除に優る」というライフハッ…

”不快”を内省する

「怒り」「退屈」「孤独」「抑うつ」「悪寒」等々の不快感を感じるたびに内省をする某メソッドを続けている。不機嫌になったとき目を閉じて自分の心理状態および肉体をスキャンしてみる。呼吸を整えると全ては自分の脳内で生まれているという当たり前を再認…

欲しいものは数あれど

半年物欲を封印しただけで、ここまで欲望が賦活されるとは思わなかった。禁欲することによって活力が戻るなら、いろいろと禁じてみたい欲望はたくさんある。そういえばドラゴンクエストⅪのPC版の発売が迫っている。ゲームハードを持ってないが故にずーっとや…

禁欲により物欲復活。。

半年、物欲を封印した結果、萎える一方だった物欲が著しく回復してしまった。皮肉なものだ。節約のキモは「欲しいものを買わずに必要なものを買う」とはよくいわれる。結構その考え方が身体化して吝嗇体質になりつつあったが、コロナの影響による収入減に対…

”やる気”は有限資源

昨日午後に謎にスイッチが入って諸事が捗った。やる気なんて理性の埒外からやってくる。届いたときに有効に使わないといけない。動画の編集練習までやった。制作時間10分 youtu.be 短文を次々と読ませる場合、インターバルが10秒では短すぎるようだ。 15秒ぐ…

固執は不幸の元

結果を出せないのに 特定の考え方や自身の美学から抜け出せない人がいる。「その考え方ではだめだ。そのやり方ではだめだ」 多くの人が忠告すればするほど意固地になる。それが揺るがされそうになると怒りさえ感じる。 特定の考え方が自己同一性の担保になっ…

2004年の職場写真

16年も前だと完全に現在の自分との連続性が途切れている感じがする。液晶モニタの貧相さが時代を感じさせる。一日一時間程度しかやる仕事がなくて、せっせと競馬ブログの更新をしていた。外資系なので与えられた仕事以外をやる機会が皆無だった。昼飯を職場…

霜月は吝嗇減量

高額を賭けるのはダービー・菊花賞・有馬記念と決めているのだが、禁を破って天皇賞で勝負をしてしまった。結果はオケラ。二着に割り込んできた馬は最初から買い目に入れていない。惜しくもないハズレだと悔しさも生じない。カメラで高額出費したので取り戻…

天皇賞の予想をしながら音楽を聴いていたら土曜日が終わった。なんか平和だ。まだ寒くないし体調も安定している。レクサプロでうつ病が寛解して、ヨガ教室に通って、マインドフルネスを学んでからは、心の制御が利くようになった。日々たくさんの顧客と関わ…