ひとりごと

パンケーキレンズを買ってしまう

首相のご乱心?の影響か3月の数字がますます不透明になった。今日も注文が少ない。晦日は毎月受注が少ないが、明日からの混乱を乗り切ることに皆頭がいっぱいで、印刷物の注文にまで気が回らないのだろう(と思いたい)。そんな時に散財、不安が強いとついポ…

如月雑記Ⅲ

Affinity Designer Affinity Designerに関して受け入れをTwitterで表明してから怒濤の展開が続いています。結果、コアな利用者が集まるFacebookのグループで長々とした自己紹介を記述するところまで、たどり着いてしまいました。こうなるとサイトのバージョ…

メンヘラとは「気分の奴隷」

常に気分から思考を組み立てる人がいる。子どもとメンヘラだ。子どもにとっては気分が世界のすべてだから当然だ。しかし成人しても気分からしか思考できないと、生きていくのに誠に不都合が多く心を病んでしまう。 馬鹿と気違いは気分でしかものを見ない 有…

連休中日

ずっと週末にイベントがあったのに、この三連休は予定なし。昨日は振り込まれた所得で若干の買い物をした。短い期間に二度も外泊したので、吝嗇に努めなければならない。昨日今日の競馬の重賞、京都牝馬ステークスが当たったので総額1,000円だけで二日間楽し…

共感衝動と距離を置く必要性

どんなことがあっても「こういう人、いるよね」 と思うだけでよい。 共感できない・共感されないことに対する憤怒が世界には満ちている。特にネットでは満ちあふれている「共感できない」だけで怒っても意味がない。思ったり感じたりしてしまうのは人間だか…

如月雑記Ⅱ

Work 今週も受注は低調だが単価が高めなので先週ほどの焦燥感はない。サイトのバージョンアップの下準備はかなり進んだ。割と楽しく作業できているのが、前回のサイト刷新の時と違う。お客様の利便性を如何にして上げるかを試行錯誤するのは楽しい。ただ今日…

精神個人史 (2001年~)

過去の客観視 近年、精神的に安定している恩恵で、過去を客観視できるようになった。それまでの自分にとっての”過去”は「後悔と嗚咽の履歴」というスティグマ的な鬼子だった。現在進行形で「今ココ」を重視するマインドフルネスを体得しつつあるので、冷静か…

音質補整道Ⅱ

ミックス&マスタリング音圧アップの鍵は「EQとコンプ」作者:竹内 一弘出版社/メーカー: サウンド・デザイナー発売日: 2019/02/16メディア: 単行本(ソフトカバー)勘で音質を補整するのに限界を感じたので上記の本を購入した。やはり専門書はよい。知らなか…

音質補整道

昨日は祝日。とはいえ平日よりも仕事が忙しかった。受注商売は仕方がない(とはいえ嬉しい)、懐が寂しいので午後は市内散策して、帰宅して動画編集の続きをした。今のカメラにしてから画質は十分なので、音質補整に一番時間をかけている。前回の横浜のライ…

暗雲を吹き飛ばしたい

受注が乏しい。大抵危機感を本当に感じたタイミングで注文がグワッとくるパターンが多いのに、今回はそれがない。定期受注品の中で一番単価の高い注文が先日あったので、そこまで危機感がマックスではないけれども、いつもの低迷の波とは異質な予感がある。…

やらない力

「やらない力」が重要だった|F太|note盛り上がらない気持ちを鼓舞するために「やらない力」を蓄える実験をしてみたい。といっても「仕事中のネットザッピングを止める」オンリーなのだが。三つ目の職場から手が空いた時間に職務と関係のないサイトを眺め続…

LOW

仕事が壊滅的に少なく、風邪気味で鬱屈。音楽を聴く気にもなれず、ネットザッピングすら面倒くさい。こんなツマラナイ1日も、人生の一コマには違いないのだ(-_-;メリケンパークにある謎の像

名言集(詠み人知らず)

ライブ動画と旅行動画だけではスキルが伸びないので、昔ニコニコ動画にアップロードした「名言集」のリメイクを画策中。このタイプのコンテンツは「誰が言ったか」が大切なので、詠み人知らずの名言は信憑性を疑われてしまう。せっかくなので、ボツにした名…

作業幸福論

やることがあり、それに集中している間は忘我状態になる。作業中に気鬱に冒されることはない。脳は(理性)はシングルタスクなので複数の思考は併存できない。それは仕事でも趣味でも変わりない。集中して作業することは人を救う。私の仕事は基本同じ作業のバ…

なぜか明日、横浜へ

和歌山一泊から帰ってきたばかりなのに、カネもないのに明日横浜へ行く。11月に感激した日本ナンバーワンのビートルズトリビュートバンド「The Beat★Rush」のライブを是非もう一度観たいと思っていたところ、「1stステージ、デビュー前オンリー」というBBC狂…

震災25年

25年経つと記憶も薄れるし、書くこともあまり残っていない。 当時の仕事がらみの日々は下記のようなことが脳裏に残っている。▼ 北区住まいなので、数日の断水以外は自宅での被害はなかった。早朝だからよかったものの、市街地にいる勤務時間中だったら、死ん…

結局は体調なのである

持病の背中の疼痛が辛い。すごく痛いのではなく、途切れることのない耳鳴りのように鈍痛がずっと続いている。この痛みは抑うつの気持ち悪さと似通っている。鈍痛が続くと憂鬱になるのだから、結局は同じものなのかもしれない。30代ぐらいまでは体調不良とメ…

起業に至る道

過去は振り返らない主義だ。とはいえやる気が起きないので、気持ちを鼓舞するために、起業時の日記を10年ぶりに読み返してみた。mixi日記に詳細に記録していたので、細部までよく思い出せた。文章にして残すのはよい。記憶と事実の違いの多さに驚く。あと13…

意欲は有限資産

意欲が足りない。でも半世紀生きた初老としてはこんなものなのかもしれない。サラリーマン時代、50代なんて地位にふんぞり返った使えない上司か、生産性ゼロのリストラ候補しかいなかった。俺がこの齢でネットビジネスの生き残り戦略について、あーだこーだ…

できないことをしようとする徒労

できないことをしようとしてできることをしない人【できないこと代表】・感情のコントロール・他者評価のコントロール【できること代表】・小さな決断と行動の積み上げできないことに執着して できない自分を責めるより、できることを着実に積み重ねることこ…

仕事始

入稿処理は元旦からしていたから 改まった気持ちにはなれない。12月の売上は前年同月比でマイナス30%だった。ヤバイよね。初日から意欲的にやりたい気持ちはあるが、風邪が治りきっていないので 結局グダグダになってしまった。明日に期待するのも嫌なので…

カゼヲヒイタカラ

2日に浜風に吹かれすぎたせいか風邪をひいてしまった。とりあえず寝るしかない。年末年始明けの最初の週末は毎年小旅行に出かけるけれど、今年は行けるかな。そろそろ宿を決めたいが悪寒で震えているときに、決めるのは勇気がいる。明日は金杯。 昨年貼り忘…

今年の目標 走り書き

仕事 サイトバージョンアップを成し遂げる。 3月末までにサイトの使い勝手とデザイン性をアップさせる。これ以上は予算がないので5年は使えるように、最大限の知性を絞り出して完成度を上げる 入稿想定ユーザーの母数を増やす。 上記のサイトバージョンアッ…

パワハラ企業

www.asahi.comもはや業務上過失ではなく、連続殺人だよねコレ。大企業ほど社風は変わらない。俺が新卒で入った上場企業もパワーハラスメントが日常茶飯事だった。メンタル脆弱な俺が5年務められたのは、4年半は離れ小島のような地方営業所勤務で直属の上司が…

【本】重力とは何か

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)作者:大栗 博司出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2012/09/12メディア: Kindle版Kindleのアンリミテッドで読んだ。久々に夢中になって読めた本だ。私は理系方面については中学レベル…

年末雑記2019

仕事 2019の仕事を振り返ると、全体的に売上が落ちたという事実から目を逸らすわけにはいかない。あらためて2018年と比較してみると、昨年は某ベンチャー企業から単価の高い仕事が煩雑にあった、今年はそれがない。それが大きな理由だった。日々の仕事をして…

楽しい週末が終わり

ライブ鑑賞・有馬記念と楽しみにしていたイベントが終わった。気分的には明日から年末年始休業なんだけれども、なぜかまるまる一週間営業日が残っている。そろそろサイト改修の下準備を完成させないといけない。 有馬記念 2番人気・3番人気・4番人気で決まっ…

楽な生き方

村上春樹のエッセーで読んだ「読むのはトルストイだけ、聴くのはバッハだけ伯父さん」という人物像がなぜか頭から離れない。これについて書かれた文章の前後は忘れた。個人的に「こういう生き方は楽そうだ」と強く感じたことだけが遺っている。趣味の狭い伯…

誤解される勇気

侮られることが辛い、それ以上に誤解されることに我慢できない。10年ぐらい前までは、こういうマインドセットだった。侮られるのは、認めたくなくても、内心認めている劣ったところを馬鹿にされるわけだから、結果的に受け入れざるを得ない。しかし人は「誤…

The Wonderful Life

受注は少ないが単価が高いから今日は合格。日々の受注額に一喜一憂する想像力が失せた。体調は良くも悪くもなく、メンタルも低位安定程度。先週と違ってトラブルもない。全体的に凪だ。未来の目標に近づかない無為な日々を罪に思う気持ちも、面倒くさくなっ…