ひとりごと

活力が乏しいときの最善手

活力がない。もともとない。さらに減った。枯渇したといってもよい。暑くなったり、寒くなったり、晴れたり、曇ったり、湿気たり、乾いたり、天候が定まらないのも理由だ。おなじことは書きたくないので省くが、それ以外の要因との合わせ技で、無気力状態が…

社会学が未だによくわからない

某大学の社会学部卒だ。卒業しながら、未だに社会学に対する違和感と不信感が拭えない。当時(今もかもしれない)社会学の学問的存在意義に関する説明で頻繁に参照されていたのが「デュルケームの自殺論」だ。個々の主観を超えて統計的に社会を俯瞰すれば「…

怒りは人間を壊す

怒りというのには麻薬と似たところがあって、その衝動に従うことにはある種の「気持ちよさ」と依存性があるんだけど、それをやり続けていると人間は壊れてくるんだよね。 久しく怒る対象がなかったが、盆の法要で俺を邪険にした叔父に対する怒りが鎮火しない…

滞る秋

スッキリと良い天気なのに暑くないって素晴らしい。仕事が芳しくない。 サイトをリニューアルして今年は躍進するはずだった。だった。 9月は台風による工場被災の影響もあり、前年同月比-41%・・・(-_-;リニューアルして9ヶ月経ったが、前年比を上回ったのが…

来るなぁ~

同じ年に三度も上陸されるなんて本当に困る。21号による被災で工場が一週間止まった影響で収入が減る。これ以上天候に懐具合を左右されたらやりきれない。台風が来そうになると不謹慎にワクワクした子供のころが懐かしい(-_-;

停滞雑言

嫌な記憶というのはテキストにしてしまうと脳に定着してしまう。だから書かず考えずを心がけてきた。しかし、閾値を超えて惨めな思いをした場合、邪念を押さえ込もうとすると、逆に強迫観念として脳に焼き付いてしまう。何があったかを具体的なテキストには…

エムグラム診断

流行のエムグラム診断をやってみた。 変な自分語りより、この結果を晒す方がよほど自己紹介になるかもしれない。これは違うだろという自己認識と齟齬のある項目がないので妥当かと。ただ本質的なパーソナリティというより、仕事をしているときの己のセルフイ…

責任と自己責任

ジークムント・フロイトの名言 ほとんどの人間は実のところ自由など求めていない。 なぜなら自由には責任が伴うからである。 みんな責任を負うことを恐れているのだ 弱い人間ほど責任転嫁する。「自己責任」という歪な熟語を多用する連中の本音は「自分は責…

Fragile

ハッピーマンデー明けの火曜日は忙しい。ほとんど法則だ。多忙は悪くない、ワーキングハイになって楽しくなるし、時間が早く経つ。終業後の充実感もある。しかし、クレームが一件発生すると躁状態が反転して非常に辛くなる。今の稼業も長いのに、トラブル発…

連休前雑感

今週の前半は先週の台風の後始末で忙しかった。反動か後半は受注が少なく少々焦るほどだった。しかし金曜の終業後に怒濤の注文。営業中に注文が来るとは限らないのがネット稼業の難しいところだ。夏バテ+先週の台風騒動の影響でかなりストレスが溜まっている…

アウトプット

アウトプットを広義に捉えたらよいらしい。仕事もアウトプット。ブログを書くのもアウトプット。ジョギングもアウトプット。交友もアウトプット。 肉体を起点に世界にアクセスすることは広義ではすべてアウトプットだ。そして精神と肉体の健全さはアウトプッ…

理由があると堕落する

売上が収入にリンクしている。 だから被災の影響で収入が減る。言い訳の余地があると、 それにすがって現状を正当化しようとする傾向が人にはある。 仕方ないと、妙に自分に優しく甘くなってしまう。しかし、楽になるのは気分だけで、収入は確実に減る。同様…

工場被災の影響

ルーチンワークをさらさら流すのは誰もが得意だ。しかし、さらさら流した後に逆流させると労力が10倍必要だ。弊社の商いレベルでも、連絡と調整が恐ろしくたいへんだった。 本社工場だとパニックなのだろう。そんなところに、弊社顧客案件で譲れない件を押し…

嵐の前と暇雑記

10:07 まだ無風。空は暗いが雨も降っていない。工場が臨時休業となった。関西の法人は概ね自宅待機か開店休業状態のようだ。工場休みを告知した影響か関東からの注文もない。手の空いた時間に有意義なことをしたいのだが、何となく落ち着かずただ座って茶を…

振り向くな、振り向くな 後ろには夢がない

人は思考の80%くらいは、昨日と同じことを繰り返し考えてる。考えても考えても答えが出ない悩みは、考えないほうが解決する場合が多い。解決して欲しくないから解決方法を延々と考えているからにほかならないからだ。人間には、そういうところがある。 解…

はたらきましょう

「目的」というのは、僕ら一人ひとりが、小さな自分以上の何かの一部だと感じられる感覚のことです。自分が必要とされ、そしてより良い未来のために日々頑張っていると感じられる感覚のことなのです。「目的」こそが本当の幸福感をつくるものなのです。 この…

君が落ち込んでいるとき、誰も君を愛さない

Nobody loves you when you're down and out 君が落ち込んでいるとき、誰も君を愛さない ジョン・レノンの言葉。 彼のようなスーパースターでさえ、心が苦しくて本当に助けが欲しいとき、誰も関心を持ってくれないのだ。路傍の砂粒のような我々が落ち込んで…

精神疾患と認知の歪み

うつ病に罹患しやすい星の下に生まれたことが残念だ。精神疾患に縁のない人たちのよくある誤解は「認識の歪みが精神疾患の原因だ」という原因思考だ。これは断じて違う。精神を病むことで認知の歪みが大きくなるのは事実だが、それは病の症状だ。原因ではな…

原因ではなく、目的を問う

心理学の雑本に書いてあった 工場長が工員に仕事をさぼった理由を問いただした。 なぜ仕事をさぼったのか? 仕事をさぼって何をしようとしていたのか? 設問の仕方が違うだけだが、前者は言い訳に終始して工員のモチベーションは下がり問題は解決されなかっ…

内なる声の大半は呪いである

日々ブログを更新する習慣を止めて一月ほど経過した。意欲が萎えたわけではない。脳内に生成した「言葉」をブログという場所にアウトプットする意味と意義に疑問をもつようになったことが理由だ。終日一人で働いている私にとって脳内に生成される言葉はワン…

猛暑空白

テキストが浮かばない。ここまでブログ等に空白が生じた記憶は無い。日々考えていることも文章として結晶化しない。つまらない概念を組み立てるぐらいなら、頭を空っぽにしてセミの鳴く声に耳を傾けた方がよい。連日の猛暑で疲れているだけなのかもしれない。

やらかす齢

昨年の大怪我、8年ぶりの貴重品紛失に続き、7年か8年ぶりで盛大な自腹クレーム案件を被ってしまった。経緯に関して思うところはあるが、結果として創業以来で第二位となる自腹補填額で顔面蒼白とまではいかないが、青くなっている。どんなに慎重に生きても人…

節制

今年も後半戦、人生も後半戦に入り、なんらかの指針が必要だ。村上春樹の自己指針は要約すると「節制と運動」なのだそうだ。文字にすると5文字だけれども、この二つが幸福な人生と不幸な人生の分水嶺である様な気がしてきた。なによりシンプルなのがよい。四…

教養劣化

この齢になると己の知性に対する妄想はなくなる。どうひねっても知性の底の浅さを認めざるを得なくなる。それだけにというかそれ故に読後に自分の知性が底上げされたように感じる書籍を読むことが長らくの楽しみだった。思いたって「最近読んだ本」を思い起…

六月雑記録-2

昨日はイベント満載で私のような人間にはお祭りのような一日だった。 宝塚記念 基本G1しか買わないので上半期の総決算。1-6番人気が総崩れという大荒れの結末。ちゃんと予想すればするほど当たりから遠ざかる馬券なので、当たった人は博打志向の人たちだろう…

スポーツ鑑賞に興じる力

流行り物には背を向けるひねた性質で過去のワールドカップには関心がなかった。しかし、今回は就寝までの時間に行われる2試合はほぼすべて観ている。ワールドカップという舞台で全身全霊で闘う選手は素直にカッコいい。ちゃんと観るとサッカーの前後半の45分…

六月雑記録

枕を買い換える 5年前後使用した「そば殻まくら」が破けて殻が吹き出した。補修して使っていたが昨晩さらに派手に破けた。仕方がないので買い換えた。そば殻まくらは安い。それなりの出費を覚悟していたので拍子抜けだ。 地震 今朝地震があった。目が覚めて…

試練到来

抑うつという内面の戦いが一段落して一息つくと、自分のビジネスが芳しくない現状が露わになってきた。特に当月に入ってから受注が前年同期比の半分ぐらいしかない。受注単価の極めて高い仕事があったので数字的に危機的な状況ではないが、今の受注数動向が…

テキストに癒やしはあるか

なにを書いても愚痴になってしまう。書くことによって心が軽くなるということはあるのだろうか。経験則でいえば悪化に拍車をかける作用はあっても、ポジティブな作用は探しても見つからないようにおもえる。言葉=テキストは概念だ。そして鬱屈とした気分は…

ひとりごと

偶に特異的に仕事がない日がある。今日がまさにそう・・・経験則でこういう日が三日続いたことはないので心配するのは早い。で久しぶりに長文を書いた。しかし、どうしても文章が着地しないので諦めた。なにも考えずに文章を綴って最後まで辿り着けないこと…