マイナー野菜を愉しむ

近所に地産地消の野菜売場があるので、珍しい野菜を買うのが趣味です。マイナーとはいえ野菜なので加熱して青臭いとか、そういうタイプはあまりないです。

紫水菜

f:id:lexapro:20181025130946j:plain

紫水菜です。水菜よりは茎が硬いですが炒めれば十分柔らかくなります。ポイントは加熱するとトロミが出るところです。モロヘイヤと同じ系統です。モロヘイヤもよく買います。

アイスプラント。

f:id:lexapro:20181025131410j:plain
これがアイスプラント。南アフリカの海岸が原産地だそうです。表面の水滴のような透明な箇所が氷のようにみえるのでアイスプラントというそうです。ここには塩分を含んだ水分が含まれているので、塩を使わず生で咀嚼しても塩味がします。ドッサリと買っても100円前後と安価なので好みです。足りない栄養素が豊富なのか、食べ終わるとなぜか清々しい気分になれます。

高菜

f:id:lexapro:20181025132111j:plain
一番失敗したのは高菜ですね。これは漬物にしないと硬くて味に癖が強くて、野菜っぽくないです。そこらの雑草を引き抜いてきたのかと感じてしまうぐらいです。高菜漬けは好物なので、これは漬物づくりができる人用です。煮ても炒めても美味しくないです。

空心菜

f:id:lexapro:20181025132431j:plain
中華料理や沖縄料理・東南アジアではポピュラーな野菜です。あまり手間をかけずに勝手に成長する手軽さが受けているようです。収穫のタイミングによるとおもうのですが、私が買うところでは成長しすぎて茎が硬いのが欠点です。これも安くて、片手で掴めないほどたっぷり一束で100円程度です。