ノンフィクション嗜好

ノンフィクション・ドキュメンタリーが好きだ。

読む本のほとんどがノンフィクション、テレビで一番好んでみるのが「BS海外ドキュメンタリー」だ。自宅に籠もって一人で印刷物の仲介処理という孤立系の仕事をしているのが理由なのか、外の世界のリアルに強い興味がある。

今のマイブームは現代中国についてのルポタージュだ。BSの国際共同制作の中国ドキュメンタリーが特に面白い。同じ東アジア人なので苦労している人たちに感情移入してしまう。中国の庶民は国家政策に振り回されて右往左往することが多い。その悲哀と凄まじい勢いの社会近代化の狭間で蠢く人たちの群像は「激動中国史」のダイナミズムをヒリヒリと感じる。

国内のドキュメンタリーも面白いけれど、海外の方が客観的に見られるので、その分、普遍的な人の幸せとは何かについて、先入観なく考えることができて為になる。広大な国土にビッシリと人が住んでいる中国のダイナミズムは、チマチマしてきた日本とはスケールが違う。もっとも矮小な日本の心地よさを再認識したりもする。

f:id:lexapro:20181024142234j:plain
https://goo.gl/hNmyFr
フラットな視線で記述された中国の今がよくわかる良書です。