The Mersey Sweets - BEATLES STREET Vol.11 2019年4月13日

編集後記

長尺編集に挑戦しました。不要箇所を切り取ってトランジションをかまして、文字を挿入しただけです。屋外の方が概して録画条件がよいのですが、背景が曇天とはいえ明るい空だと人物に露出が合いません。編集で明るくすると白飛びするし撮影機器のキャパが足りないのかもしれません。

音質は良いです。RX-10の内蔵マイクですが、やはりソニーのマイクは他社より際だって優秀です。

覚えたテクニック的には、もっといろいろな編集もできるのですが、これみよがしな効果を使うと、素人臭いというのを人様の動画を観て痛感しているので、慎ましいぐらいの方がよいと思います。

演奏

今回のパフォーマンスは名演でした。久しぶりということもありセットリストを全面的に変えたのが功を奏して新鮮でした。今回はリズムギターがアコギですが、初期・中期のジョンはレコーディングでは半分以上の曲をアコギでリズムを刻んでいます。ですのでサウンド的にはよりビートルズに近づきました。ドラムもリンゴ・スターを彷彿とさせる名演でした。

結成4年目を迎えて、バンビさんと相馬さんのハーモニーの完成度がさらなる高みに達したと感じました。それにしても三人とも唄がうまいというのは、トリビュートバンドとしては最強ですね。

Ryzen 7

Amazonで通常35,000円以上するRyzen 7が2万円ちょっとで買えるというので衝動的にポチってしまいました。今回はそのCPUを使って描き出しましたが鬼のように速かったです。Ryzen 3と比較すると体感で三分の一ぐらいで終わってしまいます。あと写真のRAWファイルの現像も驚くほど速いです。スマートシャープをかましてもプログレスバーがポップアップされる前に処理が終わってしまいます。これだけスゴいと仕事PCにも良いCPUを使いたくなってしまいます。年末までは我慢しますが・・・

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX