自作PC3号機を作る

セカンドPCで動画編集を始めて、スペック不足が気になったので、CPUを入れ替えメモリを増設した。

結果的にパーツが余ったのでもう一台作ることにした。余ったパーツはCPU(Ryzen3) メモリ(4GBx2) 電源(Thermaltake 350W) 

目標は静音性重視とコスパ重視の一台。 以下、購入品と選んだ理由。

ケース

Thermaltake Versa H17 ミニタワー型PCケース CS7096 CA-1J1-00S1NN-00

Thermaltake Versa H17 ミニタワー型PCケース CS7096 CA-1J1-00S1NN-00

  • 安い
  • Amazonの評価が高い
  • MicroMTX規格
  • 電源とブランドをあわせた
マザーボード

MSI B450M PRO-M2 M-ATX マザーボード [AMD B450チップセット搭載] MB4531

MSI B450M PRO-M2 M-ATX マザーボード [AMD B450チップセット搭載] MB4531

  • MSI製マザーボードを一度使ってみたかった
  • B450規格で一番安かった
SSD

Intel SSD 760p M.2 PCIEx4 256GBモデル SSDPEKKW256G8XT

Intel SSD 760p M.2 PCIEx4 256GBモデル SSDPEKKW256G8XT

  • M.2タイプを試してみたかった
  • 一番安いのに安心のインテルブランド
CPU FAN

サイズ オリジナルCPUクーラー 刀5

サイズ オリジナルCPUクーラー 刀5

  • バックパネル不要
  • FANを換装可能
  • 安い

最近は自作PC系のYouTubeをたくさん見ているので、手探りの部分もなく自信を持って組み立てた。躓いたのは一回だけで、CPUファンの取り付け位置が間違っていたのに気づいて向きを変えたときに、グリスで密着したCPUが少し浮いてしまいBIOSすら立ち上がらなかった。ただMSIのマザーボードにはLEDでどこに問題があるかを教えてくれる機能がある。CPUの箇所が点灯していたので、すぐに問題箇所を特定できた。廉価版なのに親切設計だ。MSIに固定ファンがいる理由を垣間見た気がした。

一時間少しで組み立て完了。今回は配線を美しくする余裕すらあった。グラボを搭載していないこともあり消費電力が少ないので、CPUファンも低速でしか回転せず、電源も350Wタイプとちんまりしているので、ケースを閉めるとほぼ無音。もくろみ通りの静音PCを作ることができた。セカンドマシンは仕事部屋に新たに設置した新デスクに移動した。目標としている「ネット印刷利用のコツを啓蒙する動画作成」が実現するように努力したい。

しかし、2DKにPC三台、Mac一台は多すぎるよねぇ(^_^;

f:id:lexapro:20190319151144j:plain
f:id:lexapro:20190319151139j:plain