原初的な欲動と高次欲求

体調が悪い。メンタルも悪い。

今回は体調の悪さに引きずられてメンタルが悪化している。午前中に根を詰めて働き、多少手間暇かけた昼食のあと、お茶を飲んでまったりしたら、いつもなら細やかな充実感があるのに、心はドンヨリと曇ったままだ。背中限定だった鈍痛が、全身に広がって重たい。脳内も粘土が詰まったように濁っている。瞬間瞬間が不快で辛い。

週三回はフィットネスクラブに通い、糖質を制限し腹7分目、週末には他者とのコミュニケーションを厭わない。と処方箋はわかっている。やれば楽になることがわかっている。その程度は馬齢を重ねたので経験則で知っている。左記の三原則に加え、仕事と学習に目標を設定して前向きに焦らずチクチクやっていけば、日々がそれなりに充実することもわかっている。

わかっているけれど、それを行動に移して結果生じる成果の受益者が、結局自分だという当たり前に絶望してしまう。職務における実務だけは可能な限りキッチリできるのは、仕事の成果は自分だけのものに留まらないからだ。だからこそ「仕事」なのだが。

毎回おなじことを書いているけれども「自分自身を目的にすることの難しさ・虚しさ」は拭いがたい。このことが身に沁みるようになったのは5年ぐらい前からだ。それ以前はメンタルの不安定さが酷かったので、それを飼い慣らす以外に余力がなかった。少しメンタルを制御できるようになると、今まで雑に扱っていた諸事全般のツケが一気に噴き出してきた感がある。肉体の加齢による軋み・他者とのコミュニケーションのないがしろにしてきた結果としての孤独等の問題が山積みだ。

「とりあえず苦しい状態から楽になりたい」という原初的な欲動と、「人として充実した生を全うしたい」という少し高次な欲求は、重なっているようで実はまったくベツモノだ。このことにもっと早く気づきたかった。後者にアプローチするためのエネルギーが決定的に足りない。具体的にいうと「認められたい」は無くなって、「蔑ろにされなければそれで良い」レベルにまで堕ちてしまった。もう這い上がれないのかもしれない。

f:id:lexapro:20181018170222j:plain