グレゴリオ聖歌

グレゴリオ聖歌は現存する最古の旋律といわれている。中世ヨーロッパの教会から永らく歌い継がれてきたものだ。歌詞は全て聖書の引用だ。作曲者は不明。自然発生的にできた流れるような優しい旋律に癒やされる、それでいて崇高な感慨を万人にもたらす。

基本的に和声の概念の無い時代につくられたモノフォニーだ。しかし、このアルバムのように、あとから和声を添えて、音楽の感動をより深めたディスクも多数発売されている。ヨーロッパ人の原風景ともいえるサウンドだ。

詳しくはないが、バロック以前の初期クラシック音楽がわりと好きだ。作曲家の自我がなく、純音楽的で素朴な世界に癒してもらっている。教会の空間こみで完成する音楽なので、録音がよいものが多いのも嬉しい。

中世音楽の精神史: グレゴリオ聖歌からルネサンス音楽へ (河出文庫)

中世音楽の精神史: グレゴリオ聖歌からルネサンス音楽へ (河出文庫)