癒やしの音楽

好きな音楽を好きなだけ聴けるのは
今の仕事の大きなメリットだ。

音を愉しむ聴き方と
静寂を埋めるための音楽という
二つの効能のために聞いている。

後者のBGM的な目的の方が比率的にはずっと多い。

クラシックとエレクトロニカの二種類が主だが
どちらがより聞いていて癒されるか難しい

前者は生身の人が奏でていることの優しさもある一方
それが故の緊張感がキツさを感じることもある。

エレクトロニカは無機質だが
それが優しく感じるときと冷たく感じるときがある。

両者をクロスオーバーさせた音楽もニューエイジという
カテゴリーにてあるのだが
なぜか胡散臭さがあってあまり好きではない。

録音良い緩い古楽が今のところ一番心地よいかな・・


グレゴリオ聖歌集グレゴリオ聖歌集
(1996/06/05)
ウィーン・ホーフブルクカペルレ・コーラルスコラ

商品詳細を見る