腰部打撲から一年

腰を痛打して一年経った。
lex.hateblo.jp
昨年の2月1日の投稿だ。怪我をした当日はブログどころではなかった。当時ブログ等を遡ると怪我をしてからの一ヶ月がとても辛かったことが思い出される。幸い座って仕事をすることができたので収入面での影響は生じなかった。しかし体を横たえてしまうと、起き上がるのに10分は苦闘しないと駄目だった。少し姿勢を崩しただけで体を突き刺す激痛が走り辛かった。

振り返ると三月中旬ぐらいまでの辛さは尋常ではなかった。そして若干治癒してから次のステージに移るまでが長かった。日常生活で気を抜いても激痛が走らなくなるまで3ヶ月以上かかった。そして夏までは酷い後遺症が残った。完全に治癒したと実感できたのは9月頃だった。半年以上苦しかった。一生忘れられそうもない。

あまりの痛みに食欲が萎えて、体重がガクンと下がった。一番体重が落ちたタイミングで旧友と再会して「昔と変わっていない」と15年ぶりに会えた人にいわれた。この怪我で得られた唯一の慶事だったw

二度とこういう怪我をしたくない。だから「足を滑らす」ことに異常に神経質になった。これから老いが加速していくわけだから、こういう警戒感が体にすり込まれたことは将来のリスクヘッジになるかもしれない。

せっかく大きく減らした体重も昨年の下半期で相当巻き戻してしまった。
ダイエットに励まないと(-_-;