読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

無気力の対応方法

やりたいことがみつからないときというのは、全体的にエネルギーがたりていないのと、思考のループから抜け出せていないのが主な原因。普段会わない人に会うのが一番手っ取り早い。どっぷり浸かっている価値観から抜け出せる。できれば、たくさんの知らない人と話せる場に行けると、もっと良い。

ツイートbotからの引用だけど、そのとおりだと思った。すべてのやるべきことにはやりたくないことがセットで付随している。二律背反の思考に整合性を持たせようとすると「考えても無駄、やっても無駄」というニヒリズムに陥ってしまう。最近の僕は「不必要な思考による人生の毀損」に神経質になっていて実際色々と考えることを封印してきた。

しかしだ、やはり考えるべきことは一生懸命考えないと前向きな意欲が何も湧いてこない。そんな当たり前を完全に忘れていた気がする。問題なのは思考がループする点にあって、それを回避さえすれば一生懸命考えないと当然ながら何も未来が開けない。

ループせずに前向きで戦略的な思考ができるようになるのは、引用した文にあるように他者との会話、とくに人生に対して意欲を持っている人との会話が必要だ。理屈ではなく経験則で本当だと腑に落ちる。幸い以前よりは人と接触するようになったので、秋はその流れを加速させたい。