無気力スパイラルの防ぎ方

先週は受注も順調、サイトの改訂の前準備も順調と絶好調だった。

一転して今週は受注が少なく、準備作業もまったく進まない。土日を挟んでワーキングハイから墜落してしまった。土日の過ごし方が悪かったのかもしれない。平日ひとりで働いているので、なんらかの他者との交流を心がけているのだが、土曜にpaypay祭りに参加して買い物だけして帰宅。日曜日は12時間の惰眠を貪っただけで、何もしなかった。

推察される原因はともかく、問題は今現在の無気力。「私の無気力」を定義すると、「課題に着手できない」「着手してもまったく進捗しない」という仕事に関する遂行力の欠如ということになる。何かが阻害しているはずだが、その何かについて考えても気力が蘇るわけがない。理由を探し出したところで解決には寄与しない。結局、自己嫌悪に陥るだけ探し損という結論になる。

そう仮定してみて、火曜日からは「敢えて無気力を甘受する」作戦に出てみた。無気力を罪に感じず、人様に迷惑がかからない範囲で万事に手を抜くことにした。これが勤め人なら問題だけれども、ひとりで働く身だからかまわない。その恩恵を甘受しないでどうするんだ、そう考えた。

こういうときは「手持ちの気力で出来ることを出来る範囲だけやる」これでよさそうだ。自己嫌悪がさらなる自己嫌悪を育む負のスパイラル、これを防ぐ方が結果的に気力が早く戻ってくる気がするのだ(あくまでも仮説)