鬱の記憶は残らない

痛かったこと、恐ろしかったこと、悔しかったことに関しては、実に執念深く覚えているのに、うつ病の辛さだけは思い出せない。自覚があるのに「喉元過ぎれば熱さを忘れる」に陥ってしまう。抑うつの辛さはどうやら「負の記憶を優先的に記憶する」という脳の仕組みに馴染まないようなのだ。

例年「桜が咲く頃からゴールデンウィーク」は鬼門だ。しかし、3年超もクスリで押さえつけることができていたから、寛解したと判断して、昨年末に抗うつ剤を止めてしまった。・・・そしてこのザマだ。

こんなに辛いぐらいなら、クスリを断つ必要もない。どうせクスリがないと寝られない体質になってしまったのだ。・・・というわけで次の通院時には投薬再開してもらう予定。辛すぎる場合は前倒しで行く。もうええわ(-_-;

新版 うつ病をなおす (講談社現代新書)

新版 うつ病をなおす (講談社現代新書)