天空団地_404

Kill them with kindness

北の大地からiMacが届く

iMac 2019

東京時代に初期のネットコミュニティで友人になった苫小牧在住のT氏からiMacをプレゼントしてもらった。印刷を生業としているため、Mac稼働機は常に必要で、長らくMac mini 2012 lateという8年前に購入したMacを恐る恐る使い続けてきた。OSのアップデート対象外だし、動作がもっさりしているし買い換えたいのに資金がない。そんなときにこれほど嬉しい贈与はない。

起動不能Macを自力で直す

(注意:Mac素人が書いた内容なので間違いがたくさんあるとおもいます)

起動不能で直せたら使えるという品だった。到着当日は試行錯誤を繰り返してもリカバリーモードでしか起動しないので、修理前提かなといったんは諦めた。あらためてネットで情報を漁ると、外部SSDを起動ディスクにしたら使えるという情報を得て再挑戦を試みた。

初回の失敗

自作PCが趣味ゆえ、不要なSSDが3つほどあるので、USBで繋いでMac miniから故障前のOSであるmacOS Catalinaをダウンロードした。それをiMacに繋ぎoptionを押しながら起動して、外付けSSDから起動すれば、うまくいくだろうと熱く期待した。しかし、表示はされるが起動不可との表示。どうやら起動ディスクとするためには、フォーマットの形式を特別なモードに指定しないといけないらしい。

リカバリーモードからフォーマットをやり直す

Command+R起動でディスクユーティリティをiMacから起動、ちゃんと外付けSSDは認識されているので、指定のモードで再フォーマット(ここで何を指定したのかは覚えていない、起動失敗したときにポップアップで指定があったのでそれに従った)、その上で再度macOS Catalinaをインストール。

なのに上手くいかない

これでOptionを押しながら起動で上手くいくはずと期待したが、何故かディスクの選択画面が表示されない。万事休すかと思った。

切り札「NVRAMリセット」

そこで昨日試行錯誤した中でNVRAMリセットという、起動の妨げになる要素をリセットする方法を思い出して、早速試す。それで無事に外部SSDからmacOS Catalinaのインストールが始まり、起動にも成功した。

最新OSにアップデートで躓く

あとはOSを最新にしたら使えると喜んだのだが、アップデート途中でフリーズ。今度こそダメかと思った。しかし、再びNVRAMリセットをしてから再起動すると、あとは順調に進んだ。最後に一度シャットダウンしてちゃんと起動したら大丈夫というわけで、試したら今度は問題なく起動したので、24時間の努力の甲斐あって使えるようになったのでした😃

故障箇所

内蔵ディスクが物理的に壊れている可能性が高い。フュージョンドライブというSSDとHDDのハイブリッドが搭載されているのだが、そのSSDを担当する箇所が破損しているみたいだ。ここを本当に直そうと思えば専門家に依頼するしかない。ただ私は仕事の補助的な利用がメインなので起動さえすれば、ディスクの容量が256GBしかなくても問題ない。

結果的に

2019年モデルなので、かなり高価なものを譲り受けたことになってしまい、T氏には感謝を通り越して申し訳ない気持ちだ。お歳暮と神戸に来てくれたときと、北海道旅行に行ったときに飯を奢ることで感謝を示したい。

Windows11をサブPCに入れる

f:id:lexapro:20211008140852j:plain

初日はOS側からTPM 2.0問題を解決しても「条件がそろっていない」とダメ出しをされた。無理して替えても大して変わらないだろうと放置していたのだが、翌日念のため確認すると今度はOKになっている。一晩で何があったのだろうか。

とにかくインストールできるようになったので早速開始。仕事PCと違ってサブPCはモニタにテレビを利用したYoutube視聴とゲームがメインのホビー用途なので、失敗しても大して影響はない。音楽・写真・動画のデータはすべて内蔵の4テラバイトHDDに保存してある。

意外と時間が必要だったが、2時間強でOSが刷新された。細々といろいろ変わっているけど、驚くような変化はない。

あとサブPCのCPUはRyzen 2600なのだが、このCPUだとバグがあってパフォーマンスレベルがかなり落ちるらしい。
www.itmedia.co.jp

動画視聴とブラウザ閲覧程度なら差はわからない。月内に修正バッチがでるそうなので、さほど問題ではないだろう。

実装はまだされていないけれど、Androidアプリの多くが使えるようになるというのは魅力だ。利用者数の母数が違うから、スマホでしか使えない道具としてのアプリケーションって膨大にあるから、これをPCで制御できたら楽しそう。

さて明後日はライブ鑑賞再開だ。カメラの準備、あと久々に会う人が多いので白髪を染めておこう(^^)

4Kモニタで電子書籍

メインモニタを4Kにしてから半年、思ったほど恩恵がない気がしていた。動画編集時の作業領域が広くなるぐらい。本業では劇的な効率アップとかは残念ながら生じなかった。

一番恩恵があるのは、モニタでKindle書籍を読むときだ。FHDだとフォントとかは紙やタブレットと比較して粗くなる。それが4Kなら荒さがないので、いうなれば27インチのiPadで書籍を読んでいるような感じになる。大判の雑誌とかは紙の雑誌より判型が大きくなって読みやすい。マンガも可読性が著しく上がり楽しい。

4Kモニタで電子書籍を読んだことがない人は試した方がいいです(^^)

たまきちさん
f:id:lexapro:20210428104514p:plain

新PC絶好調

自損で壊して再構築した新PCが好調だ。

CPUとマザーボードを換えたことよりも、OSからクリーンインストールしたことが極めて良かったようだ。環境を壊したくなくてSSDをクローンコピーして使い回していたから、長年の垢がこびり付いていたような感じだった。それがスッキリした。

Corei5-10400Fはコスパ最高

f:id:lexapro:20201113110435p:plain
このCPU温度は驚き
6コア12スレッドなのに価格が税込みで1万8千円程度しかしない。しかも驚きの低消費電力・低発熱。リテールクーラーで冷え冷えだ。世間がAMDで騒いでいるときにIntelを買うのはクールかもしれない。

久々のインテルCPU

文化の日はPCのセットアップ作業で終わり。いらぬ出費とはいえ、やるからには楽しくやった。Ryzen に食傷気味なので久しぶりのインテル。マザーボードも安心と信頼のASUS。

故障の原因はPCに加重したときにCPUクーラーがずれてグリスと密着したCPUのピンが曲がったことだった。CPU側にピンがあるRyzenの欠点を被ってしまった。

6コア12スレッドから6コア12スレッドへの換装なので変化はない。気持ちAdobe製品の動作が軽いような気がするがプラセボだろう。このマシン、謎に長く使っていくことになりそうな予感がしている。

最廉価ではないのがポイント。ゲーミング用でもあるので多少は丈夫だろうと期待して買った。