わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

下書きばかりが溜まる

書く意欲はある。それが長年最高の暇つぶしだったから。

最近は書き上げて、読み直して、「下書き保存だけして終わり」ばかりだ。どんな意見をいってみても、読み返すと「こんなことはいいたくないのに、文字にするとこうなってしまった」と感じて嫌悪感だけが残り公開する気が失せる、だけれども、書いたものを消すのは忍びなく、下書き保存のまま永遠の塩漬け。はてなブログは下書きを蓄積できるので、「誰にも公開してない非公開のブログ」にはなっている。

自分の文章を晒すのが嫌ならブログなんてやらなければいい。しかし承認欲求と排泄欲求は厳然とある。だからこそ、読み直して「俺、こんなこと全然思っていないし」そう感じた内容を外部に晒すことはできない。それは単に人様に嘘をついているのに等しい。

「書きたい衝動」によって書いたものを直視できないのは自己欺瞞かもしれない。何を考えて書いてみても、書き終わったら逆の結論をすぐに想起してしまう。すると結論が真逆の文章も、同じような文章の組み立てて書けてしまうことが判ってしまう。

変な相対主義に陥っているだけかもしれない。ネトウヨを軽蔑しつつ、国会前でシュプレヒコールをあげる人たちも、気持ち悪いとかんじるような、メタ視線主義。先日も書いた冷笑主義みたいなニヒリズム

結局孤独が過ぎるからこそ、脳内の他者に勝手に意味不明の配慮をしているだけなのだろう。そういう態度こそが、自分の抱える闇そのものであるような気もする。いや闇そのものというより、これが私なのか。

・・・これも下書き封印したくなったけれども、あえて推敲もせず晒すw