わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

この世界の片隅に 感想

初日に観てきました。シンゴジラ・君の名は、と続けて当たりを見たのでその勢いです。客層の平均年齢が高めでした。私同様に男一人の比率が妙に高かった。

隣席の男性が終盤からずっと涙を流していました。そしてエンドロールが終わると拍手がわき起こりました。だからこれは相当良い映画なのだと人様の反応で理解しました。

私的には「世界観は素晴らしかった。しかし登場人物に感情移入はできなかった。」が率直な感想です。泣いていた人が少なからずいた作品に対して、私の鈍磨した感受性が反応しなかったいうことなのでしょう。細部まで矛盾なく丁寧に丁寧につくってある芸術作品というのが全体的な印象です。

絵画的もしくは絵本的な絵柄と作品の主題の間に距離を感じました。もちろんその距離感こそがこの作品のキモなのは理解していますが、個人的には戦争の悲惨さを描いた良質の絵本を一冊読了した以上の何かは残らなかったです。アニメながら現実以上に超現実的な世界を描き出した「君の名は。」と無意識に比較してしまったが故に、必要以上に描かれた世界が二次元に見えてしまい、私の感性の深いところまで感動が届かなかったのかもしれません。

能年玲奈(のん)のボイスは確かに嵌まり役と感じました。モノローグ中心の作品なので彼女が喋りっぱなしです。小野大輔だけは、知っている声ということもあるのか個人的には少しだけ作品世界から浮いているような印象。あと鑑賞した映画館の固有問題かもしれませんが、音響的に違和感を感じる箇所が少なからずありました。

以上、感受性が衰えた私のレビューでした。

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック