わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

疼痛と鬱

疼痛に効く薬が鬱にも効くらしいというエビデンスがトレンドとなっているらしい。僕も疼痛緩和の薬で心が非常に軽くなったので、そうだろうと思う。麻薬としても悪名があるケタミンの向精神領域の薬効に期待が特に集まっている。

新しい抗うつ薬として期待されるケタミンはセロトニン神経系に作用 | 理化学研究所

例の小保方事件で悪名が高くなった理化学研究所だが、ちゃんと有用な研究も当然ながらやっている。抗うつ剤は薬効がでるまでタイムラグがあるのが薬の世界では常識だが、ケタミンは即効性があるらしい。濫用の危険がある薬なので、麻薬に厳しい日本では処方薬にはならないだろうが、重篤なうつ病患者には入院治療で処方される未来が予想される。

個人輸入して服用している疼痛緩和剤もかなり露骨に効く。個人的に疼痛と鬱の関係について考えていたのだが、医学の世界でも同じ視点で研究が進められていると知って色々と腑に落ちた。

うつ病の苦しさに原因を探したり、言葉による理由づけをするのは意味が無いし、苦しみを苦しみとして固定化するという負の側面が大きい。新しい作用機序の抗うつ薬が出回れば、人々のメンタルヘルスに関する社会知も大きく転換するかもしれない。 心の闇と肉体の不調は実は同じものなのだと・・・