わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

四十代は目先のことばかりやっているうちに、あっという間に十年くらいすぎてしまう

らしいです。そのとおりすぎて笑ってしまう。肉体の活力がどんどん落ちるのに40代では年齢的に仕事にはパーフェクトを期待される。当たり前だ、社会に出て20年を超過しているのに不完全な仕事しかできないヤツは価値がない。

そして不完全さの汚名を被ることを回避するためにリソースを費やすと、それ以上の何かがまったくできない。そんな人ばかりだろう40代。

この消耗戦に勝ち残って役職を得た50代だけが人生を謳歌できる。しかし負けてしまう人数の方が圧倒的に多いのは自然の摂理だ。そんなことに気付くことができなかった。迂闊な人生