わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

Figure of Eight

ネットの世界に前世紀からいると、相手の人となりを知って10年以上という人も、それなりの数がいる。自分自身を保留にしてメタ目線で嘯くならば、「人というのは本当に変わらないものだ」とつくづく思う。ネガティヴな人はいつまでたっても負の文章を吐き出し、攻撃的な人は今でも変わることなくご高説を電脳空間に吐き散らかしている。

10年前も今も書く日記の内容が「過去の悔恨」だったりすると、今の時点からみての10年前の悔恨はどうなっているのかと問い詰めてみたくなる。でも自分も含めて可能性がたくさんあった若き時代については後悔を口にするけれども、中年期以降はあまり悔やんでも仕方がないように思いがちのようだ。

可能性をたくさん持っているほど、将来の悔恨の種を育みやすいというのは、ある面では事実だろう。後悔というのは「可能性を利用できなかった後に、不可能性を感じて、取り返せないことを嘆く」にほぼ等しい。であるならば、今この時点で放棄しているであろう可能性について考える方がよほど有益であるのは間違いないが、人というのは概ね、現在持っている可能性の希少性を認知する能力に先天的に欠けているので、「可能性は失われてみないと認識できない」というのが真理に近い。

「後悔先に立たず」は人類普遍の真理であるので、後悔そのものがそもそも無為・無駄なことである。そういう結論になりそうだ。過去を悔やむ暇があれば、今宵の献立を考えよう。そういうことだ。

Figure of Eightというのは「グルグル循環して進歩がない」という意味の英語の慣用句だそうです。