わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

ポスティングマン曰く

GWの予定がない。例年一つはなんだかんだいってあるのだが、今年は見事にない。何処にもない。探してもない。さらにカネがないから、旅行にも行けない。観たい映画もないし、行きたいライブもない、さらにいえばカネがあったとしても(ないけれども)欲しいものがない。

特にやることがないのであれば、有益なこと、未来の利益に繋がることをしたほうがよい。なのでフライヤーが尽きるまで、ポスティングをしまくろう。10年前は大げさではなく10枚に一枚ぐらいの反応があった。それぐらいネット経由で注文するオフセット印刷の価格は衝撃的に安かった。しかし今では、そんなことは皆知っている。●リントパックがテレビCMをガンガン流しているので、子どもでさえ知っている。なので1,000枚撒いて一枚反応があるかどうかの世界だ。

ここまで費用対効果が悪いのであれば、ポスティングをする時間にアルバイトでもして得たカネをGoogleに貢いで広告枠を買った方がよほどマシだ。それでも撒くのだ、ポスティングマン。なぜ拘るのかというと、売上の基軸を構成している古くからの顧客は、8割方ポスティングが縁で取引が始まったからだ。そういう成功体験があるから、非効率になっても止められない。

単純に集合ポストをみつけて、絨毯攻撃のように投函するという行為に、狩猟的な快感がある。一番嬉しいのが、デザイン事務所やベンチャー企業がたくさん入居している雑居ビルの集合ポストを見つけたときだ。脳内麻薬がでる。あの快感を求めて、明日明後日は町を彷徨いたい。神戸市内は新たに行く余地が皆無なので、大阪市内のどこかへ~

f:id:lexapro:20170428151826j:plain