読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

紀夫さん

タイマーをセットしているので欠かさず視聴している「べっぴんさん」ですが、やっと復員してきたヒロインの夫の紀夫さんの悲劇的な描写が繊細でよい。視聴者の大半は彼にいらついているだけだろうけれども、何とか妻と娘のために生き延びて帰ってきたのに、状況が激変した浦島太郎状態。お嬢さんだった妻は商売を始めており、娘は他の男に懐いている。次の頭首なのに会社は義兄を中心としてガシガシと前に進んでいる。

アイデンティティの拠り所を求めてやっと帰ってきたのに、帰ってきた場所に居場所がないって辛い。もともとコミュ障気味の彼が鬱屈としてしまうにはあまりにも状況が揃いすぎている。紀夫さん可哀想(。・_・)

雰囲気が暗いということで若干評判が悪い作品ですが、個々の人たちの心理描写が長期ドラマというだけあって本当に丁寧で興味深い。視聴者としては少数派かもしれませんが、俺は紀夫さんを応援するよw