読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

説明の難しい仕事

私と似た生業で飯を食っている人というのは他にいるのだろうか。どうも想像がつかない。所属している業界自体は競争が激しいけれども、レイヤー下位の個人のレベルではライバルは探しても見つからない。今の段階で僕と同じ事をやろうと思っても参入障壁が高すぎて無理だろう。

胸を張れる収入ではないけれども食っていけているのは、ネット印刷の黎明期からこの業界に関わっていたからだ。早くからゲームに参加していたのでなんとかプレイヤーを続けることが出来る。

同じ土俵に上がっている人が少ないというのは有利だ。最近はてな界隈でやり玉にあがっている「ブログ飯」だけれども、これは参入プレイヤーも多いし、採算に乗せるためのハードルも異様に高い。レッドオーシャンというヤツだ。参入者が多いゲームでは知性とバイタリティをフル全開にしないと生き残れない。

参入者が少ない世界でその少なさ故に飯を食っている人は、自分の生業を秘匿する。利益確保のためには当然だ。皆が盛り上がっている「上手くやれば儲かるかもしれない」といういろいろなトレンドは、結局それを食い物にする輩しか儲からないように出来ている。