わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

言葉は難しい

どのような価値観・ポリシーも言語で記されている。言語化できないものは価値観とは呼ばれない。言語化というのは世界に文節を入れることだ。その文節の入れ方について人が争う。言葉を持たなければ人は罵りあいをしないだろうし、小競り合いはあっても戦争を起こしたりしないだろう。

あぁ言った、こう言った、いやそういうつもりじゃない、じゃぁどういうつもりなの。こんなことで人は一生を終えてしまう。多弁は銀・沈黙は金というのは至言だ。

人を動かすのは欲望であり衝動である。言葉は後付けのラベルに過ぎない。理屈を批判することはできても、人の欲望そのものを否定するのは原理的に無理だ。生じてしまったことを批判してもなくなることはあり得ないのだから。