わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

ワイン

嗜好品としての酒を嗜めないのが常々残念だった。ところが最近赤ワインの味わいに気づいた。多分アルコールの美味しさはやはりわかっていないのだと思うけれど、少しだけ高めの赤ワインを奮発すると、独特の香りの心地よさは理解できた気がする。白ワインはアルコールの不味さを感じて相変わらずダメだけど、赤ワインのなかで「ボディ感がある」というカテゴリのワインの魅力の一端に踏み入れた気がする。

今日は5000円ほど奮発して1本1500円クラスのワインを3本買った。お気に入りの一本が見つかったら嬉しい。神戸は港町なので独自の品揃えを誇るお店がいくつかあるので・・・