わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

ライブの名盤といえば

ライヴ・アット・ザ・フィルモア

ライヴ・アット・ザ・フィルモア

思い出したように聴いては「つくづく名盤だなぁ」と思うのがこの一枚である。一番脂の乗り切った時期のエリック・クラプトンを満喫できる。超定番の海賊盤として長らく君臨していたのだが、知らない間に正規発売されていた。正規盤だからといって音質が特によくなっているわけではない。もともと高音質音源として有名だったから。特に好きな演奏は「ブルースパワー」という曲だ。いつ聴いても陶酔してしまう。