わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

Civilization6 初起動と印象

待ちに待ったCivilization6が昨晩から遊べるようになりました。まだチュートリアルをこなし、20分しか進めていないので、感想も何もない気がしますが、今の時点の印象を書き殴ります。

日本語で喋りまくる

前作では織田信長の「謙虚すぎる不自然な日本語」以外は英語がメインでした。しかし6ではプロの声優を利用した流暢な音声が各所で使用されていて、とてもユーザーフレンドリーです。誤訳の多かった前作と比較すれば、テキストベースの日本語もこなれています。

グラボなしでは辛いみたい

CPU内蔵のグラフィック処理では重たさを感じます。今作に関してはグラフィックボードは必須でしょう(ストレスなく楽しむためには)

各種アイコンが小さい

ディスプレイの大型化に対応したのか各種アイコンが小さくなりました。大型ディスプレイや4Kディスプレイで楽しむのが、王道みたいです。もちろん相対的にということですので、識別困難とかそういったレベルではありません。

イラストがバタ臭い

5よりも6の方が絵柄が欧米人好みのディズニー系のデフォルメがキツいです。萌え絵に馴染んだ一部の日本人ユーザーには不評を買うかもしれません。世界中で売れているゲームなので、正統派進化なのでしょうが

いまのところは

これぐらいです。5をやりこんだので、あまり戸惑う箇所はないので、比較的早く没頭して遊べそうです(^^)