読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラ

映画

観てきました。朔日だったので半額だったのはラッキーでした。お客さんは入っていましたが、10分前でも良席に座れたので混んでたというほどではなかったです。

で感想ですが、ゴジラの描写と映像的カタルシスは予想以上でした。米軍の攻撃を受けて覚醒して炎を吐きまくるシーンの映像美にはゾクゾクするものがありました。

ただ僕はたくさんの人が登場する「群衆劇」というのが昔から苦手で臨場感を楽しむ前に疎外感を感じてしまう。そういった嗜癖のため、細かいアラが気になって全編にわたって素直に楽しめなかったのは事実。もっともこれは映画の責任ではないです。あと「石原さとみ」彼女は蛇足でした。リアリティの足枷にしかなっていないと感じました。

f:id:lexapro:20160802103947j:plain