天空団地_404

It all returns to nothing.

弥生lofi雑記

最近、日々の心象風景を書いているだけのような気がする。このブログの執筆動機は「時間つぶし」に過ぎない。一応勤務時間中なので「暇つぶし」と書くのには躊躇いがある。処理するデータのクオリティは千差万別だし、お客様の要望も多種多様だけれども、それでも12年も同じことをやっていると「想定範囲外」のことは滅多に起こらない。起こったとしたら、ケアレスミスをいくつか合わせ技で発動してしまって自腹案件に陥ったときぐらいだ(それもだいぶ減ったけど)

コロナウィルスの影響だが、2月の末よりは問い合わせが多い。以前から予定されていた案件は概ね前倒しで入稿されてくる。急遽子どもたちが在宅することになった親御さんたち以外は、概ね仕事が手すきになっているように感じる。なので印刷物のデータ作成が捗る。そんなことだろうと憶測。用意していたイベントが中止になったり、商談が中止になったり、出張が中止になったり、材料が入荷しないので工場を稼働できなかったり、たくさんの働く人たちのが忙しくなる要因が(年度末なのに)減っていることを肌で感じる。

Lo-Fi Music


ここ数年、ずっとブームのlofi系、いろいろ錯綜していて、コレがlofiとは定義しにくい。「くぐもったアナログレコードを連想する音質」「緩い弛緩したビート」ぐらいしか個人的には共通要素を抽出できない。なぜかジブリ系の絵柄がセットになっている。世界中で流行っているってことは、みんなみんな少しお疲れ気味なんだろう。