繁閑の落差

受注商売なので仕方がないのだが、繁閑の落差が酷すぎる。スカスカで焦燥感が募る日もあれば、睡眠時間を削らなくては処理できない日もある。でも仕事というのは、本来そういうものであるはずで、常に忙しすぎて過労死したり、常に暇で定時が来るのを待ちわびる職場の方が間違っているのだろう。

問題なのは全体的には仕事量が減っているのに、偶に多忙な日が訪れると、危機感が必要以上に減衰してしまうことだろう。まぁ多忙な日がまったく訪れなくなってから悩めばいいか。最近モチベーションが下がるようなトラブルが多く、あまり意欲的にはなれない(-_-;

スマホ撮影

15,000円の格安スマホでも綺麗に撮れるなぁ