セレクトセール

痛恨の自腹案件、クライアントさまの御慈悲で微額の損失に収まりそう。よかった。

開催概要|SELECT SALE|JAPAN RACING HORSE ASSOCIATION 一般社団法人日本競走馬協会

今年もサラブレッドのオークションセールで一番札束が舞うセレクトセールが始まりました。毎年中継をBGMに仕事をしながら観ているので、時の流れの早さが身に沁みます。以前は全馬を見続けていましたが、どうもメンタルが老いたのか、みるみる金額がつり上がっていく様子を見続けるのが苦痛になってきました。

自分の小商いの世界と500万、1千万円単位で値がつり上がっていくセリでは文字通り世界が違います。しかし、札束が飛び交うのはセレクトセールまでで、セレクションセール・サマーセール・オータームセールと格式が下がるに従って100万円~400万円ぐらいの攻防に落ちていきます。もちろんそうした安馬の中にも将来の殿堂馬がいたりするのが、競馬の面白いところです。とはいえ全体的に「安馬買いの銭失い」の確率はとても高いです。一方高い馬でも購入金額を回収できる確率は低いです。まさに「金持ちの道楽」です。

今年の印象ですが高馬の種牡馬がディープインパクト産駒だけから、キングカメハメハ・ハーツクライの良血にもディープに劣らぬ高額落札が増えた印象があります。ステイゴールドは既に鬼籍に入っており、三大種牡馬も老いてきましたら、希少価値分のプラスもあるようです。

馬主は「ダノン」が気を吐いていて、例年高額馬を落としまくる「サトノ」は本業のパチンコの業績に翳りがあるのか、サトノダイヤモンドの衰えに情熱が冷めたのか、去年までの気迫が薄いです。そして妙味のある馬を掠っていくのが金子さんだったりするのは例年通りです。

セレクトセールが終わると「本格的な夏」という感じです。夏競馬には興味がないので秋の神戸新聞杯ぐらいまで、僕の競馬趣味はしばらくお休みです。

スワーヴリチャード落札時の動画

youtu.be
この落札の瞬間が妙に印象的でリストに入れて、後にPOGで指名した。大活躍して忘れられない馬になった。