やらかす齢

昨年の大怪我、8年ぶりの貴重品紛失に続き、7年か8年ぶりで盛大な自腹クレーム案件を被ってしまった。経緯に関して思うところはあるが、結果として創業以来で第二位となる自腹補填額で顔面蒼白とまではいかないが、青くなっている。

どんなに慎重に生きても人はときどきやらかす。これは人生の摂理なので仕方がない。大切なのは起きてしまったことに対するマインドセットだ。いくら発生経緯を悔やんでも自腹補填額が減ることはないし、関係者とのやりとりを脳内で反芻しても虚しいだけだ。

禍を転じて福となすになるように、これを端緒に真の節制世界に足を踏み入れそうだ。ポイントは「踏み入れざるを得ない」という強制力だろう。はぁ~