ゆるゆる働き続けることが楽

D.カーネギー先生の名言

それにしても、なぜ「忙しくする」程度の単純なことで、不安を追い出すことができてしまうのだろう? その答えは、心理学がひもといたもっとも根本的ともいえる法則の中にある。その法則とは「どんなに優れた知能を持つ人間でも、一度にふたつ以上のことを考えることはできない」というものである。

このところずっと休暇中は抑うつ感が深まることが多かった。今回は大丈夫、密度は低いながらもずっと仕事をしているからだ。病的な不安は脳の病気だ。しかし、日常的に生じる不安は「不安について考えるから不安が深まる」という単純な構造になっている。考えるというのは「脳内で言語化する」ということだ。その言語化作業の方向を外部に向けるだけで、心の安寧度はぜんぜん違う。