ロスレスミュージック Deezer 感想 二回目

発表があってすぐ試してみた時の印象は良くなかった。音質も良さが分からなかった。

先日、専用ソフトウェアがバージョンアップされた。見事に日本語化されてぎこちない翻訳臭が払拭された。そしてなにより音質が良くなった気がして仕方がない。バージョンアップ前のソフトではHi-fi設定でも、そうなっていなかったのかもしれない。

仕切り直して利用してみると、音質は確かに輪郭がしっかりした圧縮臭のないCDレベルの音質になった。ハイレゾ的な柔らかさはないので、まさにCDと同等という謳い文句通りの音だ。一番違いが分かるのは低音の重たさだ。Spotifyも良い音なのだけれど、バスドラの重量感で比較すると差がある。

試用期間がタップリ残っているので、しばらくは大いに愉しみたい。妙に南米系音源の品揃えが多いのはなぜだろうか、フランスはラテン系だから、そのあたりが理由なのだろうか。

www.deezer.com