魔女旅に出る

youtu.be

愛聴盤「名前をつけてやる」のラストを飾る名曲。デビューからの流れをみると割と突然変異的にできた曲だとおもえる。この曲の成功でストリングスとの融合に希望を託したが、その路線で創ったミニアルバム「オーロラになれなかった人のために」はぜんぜん売れなかった。

ともあれ名曲である。個人的にスピッツの曲で一番好きかもしれない。2番でバックボーカルが不思議な絡み方をするところがマジックだ。作詞も草野マサムネの真骨頂といった素晴らしいものだ。引用しすぎるとJASRACが飛んでくるので一部だけ紹介。

ほら苺の味に似てるよ
もう迷うこともない
僕は一人いのりながら 旅立つ君を見てるよ
手を離したならすぐ 猫の顔でうたってやる

名前をつけてやる

名前をつけてやる

今日は昼から偉い人に会う。無事に終わって欲しい。