ASUS Zenfone 3 Max ZC520TL 購入

ガラケー+タブレットで長らくやってきた。しかし、LINE・Skype・Messenger等のアプリで会話をしないと困るシチュエーションが多発してきたので、7.9インチタブレットを売り払ってSIMフリータイプの安価なスマホを入手した。

エイスース ZenFone 3 Max グレー ZC520TL-GY16

エイスース ZenFone 3 Max グレー ZC520TL-GY16

個人的に好感度の高いメーカーであるASUSでバッテリーの持ちが売りのこれを買った。新品で税込15000円ちょとだ。情報収集と閲覧及び情報の発信は今後もタブレットにしたい。気分的には完全にガラケーの代替。故にバッテリーの容量が一番大切だ。

あとサイトのリニューアルに従って会社の代表電話を050で始まるものに替えたいと考えている。市外局番がローカル色を醸し出すのがよくないし(地元の場合は親近感を醸し出すのでよい面もあるのだけれども)、固定電話にかけるのは電話代が高いという一般通念も商売の足枷になるからだ。なによりも、050にすれば自宅を離れても仕事絡みの直電をどこでも受けられる。これも場合によってはデメリットも多いけれども、一人で商売をしている以上、やむを得ない外出時の商売上のリスクを減らすことが出来るのはメリットだ。

でどこと契約するかだが、愛着のあるiijmioにするつもりだったが、050サービスで大手のNTTのサービスがOCNモバイルと契約すると月額利用料が無料になると知ったので、一択になった。050 plus | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま 固定よりは安定していないので、ココはNTTのブランドでそのあたりの不安を補うのが良策だろう。 法人で050を利用しているところも概ねココの利用していることも心強い。

ASUS Zenfone 3 Max ZC520TLレビュー

購入前に調べたら価格コムを中心に辛口のレビューが多い。個人的には数年前に使っていたiPhoe4Sしか比較材料がないので、何一つ欠点を感じられない。廉価機種なので高級機種と比べたら不満が多いのはある意味当たり前だ。個人的におもうのだが、ASUSのレビューは価格コムでもAmazonでも2chでも悪意のあるレビューが多い。台湾系なので中華系の誹謗工作があるのではと陰謀を疑ってしまう(結構信憑性のある疑いだとはおもっている)

この機種のよいところは大容量バッテリー搭載という売りがあるのに価格が安くコストパフォーマンス抜群である点だろう。あとAndroidの最新版もつかえる。さらに外部ではなく本体容量をMicroSDカードで補える点が素晴らしい。

もちろんCPUが2世代前でメモリが2Gなのでハードを酷使するゲームや動画視聴・画像加工だと動作がぎこちない。一方僕のようにガラケーの延長線上でやむなくスマホが必要となった人間にとっては必要充分の性能が確保されているハイコストパフォーマンスな一台だろう。ついでだが強化硝子ではないので割れ防止のフィルムは必需品だ。