つまらない地元選挙区事情

衆議院議員選挙が始まった。ついでに神戸市長選挙も始まった。

兵庫二区という選挙区がひどい。公明現職・共産党・無所属の3人しか立候補していない。無所属の1人は民進党の新人のはずが、例のゴタゴタで希望の公認を得られなかった。都議会で公明党と協力関係にある小池都知事の意図らしい。希望の公認をもらっていても小池が嫌いだから投票しないけど・・・ 
入れたい候補がいない。父も母もいないと言っていた。政令指定都市の選挙区でこんな不毛なことをやっていいのか・・・

ついでに神戸市長選挙も選択肢がない。現市長は元官僚という嫌なオーラが露骨で嫌いだ。かといって対立候補にもロクなのがいない。

二つの選挙で両方とも中道リベラル系の候補者がいないというのは、どういうことなのだろうか。選挙なのに選択肢がないなんて酷いとしか言いようがない。

地元猫