旧いネットメディアを断つ

ニコニコ動画

先日けものフレンズ騒動に乗じてニコニコ動画のプレミアムを解約した。総合的にいろいろな情報を読み取るとカドカワが巨悪というわけでもなく、製作委員会という出資方法に対するヤオロズ側の意識が非常に甘かったのが主因であるようだ。皆がちょっとずつ責任転嫁をしたツケが大きなうねりとなって、因果にもカドカワに鬱憤がぶつけられたというのが、問題の大枠らしい。

個人的には既にプレミアム会員を積極的に続ける理由がないので止めるきっかけにはなった。お気に入りの原作がアニメ化されたときに視聴者のダイレクトな感想が読めるのが少々楽しかったぐらいで、それ以外にとくに愛着のあるコンテンツがあるわけでもない。止め時だろう。やっとHD画質をフル画面で観られるようになるようだが3年遅かった。少ない月額料金で4K画質を提供するサービスが既にあるのに、プレミアム会員に対してさえ低画質を強いてきたのは利用者軽視の明らかな戦略ミスだ。

2ch

理由はよく判らないが5chと名前が変わったそうだ。数年前と比べると利用者は三分の一以下になっているし、ニュース系板はネトウヨの巣窟で見るに堪えない。各種業界の情報や家電の評価、各種コンテンツの指標としても利用者の年齢層が上がりすぎて、得たい情報が得られなくなった。衰退後もある種の情報を得るのには役立っていたが、その魅力も大きく削がれつつある。とりあえずタスクバーからアイコンを削除した。競馬のレース後の感想ぐらいはタブレットの専ブラで眺めたいが、その程度で充分だろう。

つづけるもの

はてブのホットエントリとRSSリーダーからの情報取得は今後も続けたい。時事情報はラジオとGoogleニュース・Yahooニュースぐらいで充分だろう。

ブラウンシュガー(特に意味はない)
f:id:lexapro:20171003150645j:plain