悪夢のみ

他人の夢の話ほどつまらないものはない。

随分と夢を見ない日々が続いた。今の生活パターンになってほぼ毎晩みるようになった。悪夢しか見ない。覚醒して肩で息をしていることもある。色彩豊かな悪夢は命を縮めるのではと勘ぐっている。

覚醒後の現実に心安まることがあればいいのだが、現実は現実で殺伐としている。