過去はゴミ箱へ

ずっと「自分執着」状態で過去に書いた日記とかを
読み返すのが好きだった。

最近急に過去を振り返ることが面倒になってきた。
理由はよくわからないけれども、どうでもよくなった。

過去の記録は今ここから辿れば、苦と快楽の残滓だ。
脳内で反芻しても何も生まない。

過去への執着が薄くなれば
未来への不安と妄想も減じる、そういうことがわかってきた。

過去と未来は脳の中にしかない。
しかし、今は手触りも匂いもある。
すべての感覚を今この瞬間に向けることを習慣づければ
悔恨と不安にまみれた暗い感情から自由になれるはず・・・

そういえばスピッツの歌詞って、
さりげなくそういう哲学が歌われているなと、ふと気づいた。


空の飛び方空の飛び方
(2002/10/16)
スピッツ

商品詳細を見る