モーツァルト

クラシックはよく聴くけれども
BGM的な聴き方が多い。

音楽を聴く才能がないのか
雰囲気を愉しむ奥行きのない鑑賞法だ。

クラシックを聴くということ自体が
目的化しているようなところがある。

ただしモーツァルトだけは違う
この作曲家の音楽だけは全体像を把握できて
細かな旋律の美しさを愉しむことが出来る。

各種協奏曲がどれも素晴らしくピアノ協奏曲は
20番以降は全て好きだ。

モーツァルトは軽く演奏してもそれらしくなるが
演奏に魂がこもると違う次元に連れて行ってくれる
そのわかりやすさと奥の深さの両方があるところが素晴らしい。

モーツァルトを愉しむように
他の作曲家も愉しめたら良いのだけれども
なかなかそういう感じにならないのが残念。

モーツァルトには及ばないけれど
ブラームスシューベルトは、
他の作曲家よりは少しだけ分かる気がする。


モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番、第24番モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番、第24番
(2011/01/26)
ハスキル(クララ)

商品詳細を見る