思春期が終わったら、いきなり人生の後半戦が始まっていた

という言葉をみつけまして なるほどその通りだと深く頷いたのでありました。

僕には「青年期」というものがなかったようです。

29歳の時に鬱をこじらせて心神喪失になるまでが長すぎた思春期

そっから後は「余生モード」です。

バイタリティと旺盛な欲望がバランスしている時期がありませんでした。

誠に遺憾に存じます(-_-;


老年について (岩波文庫)老年について (岩波文庫)
(2004/01/16)
キケロ

商品詳細を見る