わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

近々いかにもありそうなこと

gendai.ismedia.jp

現状でもiOSのsiriボイスが人気声優だったらと、妄想している人たちが既に沢山いる。スマホアプリで音声入力に反応する萌えアプリは、稚拙なモノが多いながら既にある。

合成音声を滑らかにする技術はスゴイ勢いで進歩しているそうだ。
Google Assistant、音声生成技術「WaveNet」によりさらに自然な日本語に - GGSOKU - ガジェット速報

テンプレート音声をたくさん入力しておき、それで補えない場合だけ合成する技術も進んでいる。以前カーナビ音声を複数の声優から選べるサービスが話題になった。この発想とAIスピーカーの親和性も悪くないはずだ。

俺がソフトウェア開発会社への出資者なら、飽和したゲーム市場よりも、SiriやGoogle Homeと連動した音声切り替え機能と視覚に訴える拡張機能開発に出資するだろう。たぶん既に水面下で誰かがやっているだろうけれども。

4~5年後ぐらいには多くの人のスマホやPC上に、個々人がカスタマイズしたボイスと容姿をもつAiスピーカーと融合した形の「個人秘書」をもつ日が間違いなくきそうだ。その基本フォーマットを作った会社がLINEぐらいに大成功するのではないだろうか。

というか個人的に欲しいな(本音)