わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

酒の美味しさがわかってきた。

父と妹は酒豪だが、俺は母に似て半下戸だ。長年一口目のビールしか旨さがわからなかった。それが最近やっとわかってきた気がする。性急に流し込むのではなく、ゆっくりゆっくり体に溶かし入れるように飲めば、アルコールの魔力のよい側面だけを引き出せることを半世紀近く経って理解した。

ゆっくりゆっくり飲むと、俺の心の黒い霧が少しずつ晴れていくような気がする。この飲み方だと度数の強いウイスキーでも胃に負担をあまりかけずにホワッとした酩酊感だけを楽しめる。

セミがうるさい日曜の午前中にチビチビ摂取するアルコールは悪くない。

向日葵