わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

【本】「小さな習慣」はスゴ本

小さな習慣

小さな習慣

  • 作者: スティーヴン・ガイズ,田口未和
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

書名にピンときて買った。発売間もないからつまらなかったら速攻でマーケットプレイスで売ればいいし・・

予想を超える良書でした。 まだ半分しか読んでいないのですが、「モチベーションに依存した努力は失敗する」と断言している箇所に目から鱗が落ちました。脳科学の知見を論拠に文章が組み立てられているので、説得力が半端ないです。

「人はモチベーションを起点に意志の力を使って行動する。」これって我々は諸行動の基本原理だと考えている。だから人は何かを成し遂げようと考えたら、モチベーションを高めればうまくいくと考えがちだ。しかしこの本によるとそれが大間違いであり、人を不幸に陥れる大きな原因だとさえいっている。

習慣を定着させて己を高めたいと考えても、大抵うまくいかないのは、習慣を習慣たらしめる原動力に、モチベーションという動機が不可欠だと間違って思い込んでいるのが原因。モチベーションというのはその性質上、かならず逓減していく性質がある。だからモチベーションをオペレートして人生を良くしようとする発想じたいが間違っているらしい。

私には、この説明がとても腑に落ちた。というか落ちまくった。私に良い習慣が根付かないのはスタートから間違っていたからだ。モチベーションの正しい使い方は、意志の力で行動したとき、あとからついてきて行動を後押しするときだという。使う場所が違っていたというわけだ。

ただこの「意志の力」も欠点が多いらしい。その欠点をどうかカバーするか、ということが本の後半に書いてある。続きを読もう。