わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

anelloのリュック

f:id:lexapro:20170621201009j:plain

1年ぐらい前にこのリュックが流行中という記事をどこかで読んだ。好奇心でヤフオクを覗いたら1円で出品されていた。試しに入札したところ、2,000円前後で落札できた。「新品同様」で出品されていたけれども、届いたのはどう見ても新品だった。

私的にカバンといえば、ポーターのトートバックであり、浮気せず20年ぐらい愛用してきた。トートーバック以外のカバンを私用で使おうという発想すらなかった。このリュックも落札したはいいけれども、しばらくは物置に放置して滅多に使わなかった。

それが一月に一度は使うようになり、二週間に一度になり、今では外出時にはトートーバックよりもこちらを選ぶようになった。両手が使えるとカメラ撮影も楽だし、ポスティングも効率的に行える。日々の買い物でもペットボトル二つぐらいなら、重たさを感じないで済む。馴れると利点ばかりだ。

ただこのバックは本来女性用の廉価ブランドで、地下鉄やバスで女子高生が私と同じものを背負っているのに遭遇する。私は別に構わないが、くたびれたオッサンと自分が背負っているものが同じであることを目撃してしまった彼女たちが気の毒だ。それに見る人によっては、ひどく年齢不相応で格好悪く見えるかもしれない。

そこで、リュックの利便性を保ちながら、女子高生に恥をかかさないために、別ブランドのリュックを探している。しかし、anelloのリュックが妙に良くできていて、3倍以上の予算を用意しても、このリュックに機能性で勝るものが見つからない。あまり深く考えずに流行品を手にしたわけだが、流行るにはそれなりの理由があるのだなぁと感心している。