わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

Strawberry Fields Forever - take7

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
の発売50周年リミックス+アウトテイクが発売された。貧乏なので買ってすぐリッピングして、すぐさま2割引でAmazonマーケットプレイスに出品するという所有欲ゼロの私(-_-;  リミックスはやはり好きになれない、ジョージマーティンの息子には端から期待していないので、これは想定内。それよりも各種アウトテイクが楽しい。

とはいえこのアルバムの一番美味しいアウトテイクはAnthologyでほとんど出尽くしているので、心底ビックリするような音源はなかった。アウトテイク好きの自分的には十二分に楽しいけれども。

Anthologyにも収録されてた白眉の「Strawberry Fields Forever - take7」も再録された。しかしAnthologyバージョンは曲の末尾に他のテイクを無理矢理くっつけているので、正規版としてネイキッドのカタチで発表されたのは初めてだ。もっとも海賊盤では超定番なので、僕など正規テイクよりもこちらの方が馴染みがあるぐらいだ。

シングルカットされた正規盤は、二つのまったく異なるテイクを、ジョージマーティンが力業で無理矢理一つにまとめたことで有名だ。このTake7は正規版の最初三分の一を占めるテイクの完全版だ。印象的なイントロのメロントロンが最後まで鳴っていて、幽玄ともいえる独特の雰囲気が最高だ。このテイクが正規盤として発売されていたら、この曲の世評は更に上がっただろうと、私は今でも信じている。

Strawberry Fields Forever - take7+and Edit Piece