わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

はてなブックマーク個人史

2002年からはてなのサービスを使っている、しかしブックマークされることは滅多にない。匿名ダイアリーに書いて100ブックマーク超えのエントリーは三つあるけれども、増田の特性上カミングアウトはしない(したくない)

そんな私のしょぼい個人史を披瀝しよう。

『架空の杜』 の人気エントリー - はてなブックマーク
『PDF入稿勉強室』 の人気エントリー - はてなブックマーク

唯一の100超えはコレだ

d.hatena.ne.jp
何とまるまる10年前。コレは現在の稼業の起業準備中に学んだことをアウトプットするために当時の職場で記載したものだ。帰宅してホットエントリのトップになっていて心底ビックリした。いま思えばスクリーンショットをとっておけばよかった。

ニーズのある情報で多くの人が「この情報はブックマークしておこう」というインセンティブがあるエントリだったからだろう。10年前は一つこういうエントリを持っているだけで、驚異的なSEOのリターンがあった。今も同じ稼業でメシが喰えている理由の一つはこのエントリだったかもしれない。現在はそこまでGoogleもブックマーク数を評価していないから意味がないけれども。

思い入れのあるエントリー

d.hatena.ne.jp

ブックマーク数は30だけれども、このエントリからの検索流入効果は5年ぐらい続いた。コレも個人的な経験から帰納して書いたものだから、誰にでも書ける内容ではないというところがよかったのだろう。削除しちゃったけれども、このエントリのコメント欄が少しだけ炎上したのも今となっては懐かしい。

いまだに検索流入が一定数あるコンテンツ

d.hatena.ne.jp
ブックマークは三つだけ、しかしコレは延々と持続的に閲覧されている。退職した人が多い会社だったので、その後を知りたい人が常に一定数いるのが理由だろう。これこそまさに当事者しか書けない故の希少性がパワーを持つ場合の典型例だろう。そういえばK元社長は今どこでどうしているのだろうか。

このブログ唯一の複数被ブックマーク

lex.hateblo.jp
このブログはFC2から3年ほど前に引っ越してきたものなのだけれども、ほぼ毎日更新しているのに複数のブックマークがついたのはこれだけ。旬の炎上ネタについて私には珍しい「怒り」を表現した内容だったので閲覧者が多かったからだろう。
あらためて読み返すと、なかなかよく書けている(自画自賛)