わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

ハイレゾ配信ラジオ

この一年ぐらいずっとラジコプレミアムで関東圏のAM放送を聴くのがマイブームでした。

しかし、ちょっと頻繁に聞き過ぎた反動で少し食傷気味です。さらに仕事のBGMに喋りがメインの番組はよくないのではないかと考えはじめて、聞く時間が減りつつあります。かといって一人で働くのに常時無音環境では、逆に集中力が途切れる側面もあるので、ストリーミングのアンビエント系ネットラジオを聞く時間が増えました。

そこでふと思いだしたが、サービス開始時に「ハイレゾ配信ラジオ」ということで個人的に盛り上がったプライムシートというサービスです。確かに音は良かったのですが、番組の構成等に素人臭さがあって聞かなくなりました。

しかし、あれからかなり経っているので、サービス内容が改善された事を期待して再度専用プレイヤーをインストールしてみました。

primeseat.net

サービス開始当初から協力を仰いでいたオッターヴァというクラシック専用ラジオに乗っ取られたというか、ほとんどの番組作成を借りるか丸投げしているようです。今は資本関係がありませんが、オッターヴァはTBSラジオのデジタル配信プロジェクトが出自ですので、番組作成の安定感はプロの仕事です。故に安心して聞けます。

明確に音質がよい

よくハイレゾは本当に音が良いのかというのは議論になるところです。
しかしラジコのフォーマットであるHE-AACは48kbpsという高圧縮、一方のプライムシートはCDよりも音質がよいDSD5.6MHzというSACDと同じ系譜にあるコーデックを採用しています。HE-AACも圧縮率が高いのに音質がよいことで驚かされはしますが、プライムシートの音質は次元が違います。CDとSACDの差がわからない人でもハッキリ聞き分けられるはずです。プライムシートを聞いてラジコに戻るとHE-AAC特有の音のシャクレが気になったりします。プライムシートの本領発揮のためにはUSB DACが必要ですが、高音質を体験してみたい人にはお勧めのサービスです。