読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

僕の名盤 Greetings From Timbuk 3

Greetings From Timbuk 3

Greetings From Timbuk 3

このアルバムを知ったのは高校生の時だ。FM番組をエアチックして繰り返し聞いたカセットテープに彼らの曲が入っていた。男女のボーカルの寂しげなハーモニーが好きになってレンタル屋でLPを借りてダビングして愛聴した。

パッとしなかったミュージシャンにパッとしないミュージシャンが恋をした。二人は組んで音楽活動をすることになったがリズムを担うメンバーが確保出来ない。仕方がないのでシンセサイザーでリズムトラックをつくりそれをラジカセに録音してそれをバックにギターをかき鳴らした。それなりの人気を得ることができて、カレッジチャートで一位を取れたことをきっかけに、メジャーからこのアルバムを出せた。そいういう流れで彼らの歌声が僕の元に届いた。

このCDはずっと再プレスされず、ダウンロード販売もされていない。仕方がないので断片をYouTubeで聞くだけだったのだが、中古価格がこなれてきたのでやっと入手できた。それなりの金額を払ってCDを入手したのは久しぶりだ。

特に「I Need You」という曲が好きだ。Amazonのレビューをみたら同じ感想を持っている人がいて嬉しくなった。