読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

White Jazz

モダンジャズの白人奏者が好きだ。ジャズの本流は黒人なのは間違いない。しかしそのジャズのフォーマットで白人が奏でる音には清涼剤的な魅力がある。個人的にはビル・エヴァンス(Bill Evans) とジェリー・マリガン(Gerry Mulligan)がいい。滋味深いのでじっくりと聞けるし、BGMとしても聞き心地がよいという両面性がよい。

Waltz For Debby

Waltz For Debby

泣く子も黙るといわれる名盤 Waltz for Debbyは万人が聴いて心地よくなる奇跡の一枚だ。少しひねたジャズマニアである村上春樹さんでさえ、躊躇無くこの一枚は愛聴盤としてピックアップしている。

繊細なピアノと繊細なベースの絶妙な混ざり具合とそれを阻害しない慎ましいドラム。黒人の熱いジャズの両極に位置するサウンドが、ジャズばかり聴いている人達にはひどく新鮮に感じられたのだろう。この時期のビル・エヴァンスに影響されたピアノトリオサウンドを何故か日本人は異常に好きで、かって一世を風靡した「スイングジャーナル」という雑誌がピアノトリオのアルバムばかりを絶賛するので、多くのジャズファンの顰蹙を買ったぐらいだ。